ドコモ Galaxy Tab S 8.4 SC-03G 12月12日発売開始 Super AMOLED 搭載

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

ドコモはSC-03Gの販売開始を12月12日としました。

この機種はその名の通り8.4インチとタブレットでありながらコンパクトに作った機種です。

8.4インチという割と大画面でありながら、実は300gを切るという非常に軽い端末となっていることも特徴の1つです。

また8.4インチで、2,560 × 1,600というかなり高解像度なので、画面はかなりキレイと思われます。

Samsungはこの冬モデルとして、3機種発表しましたが、完成度はこの機種が一番高いのではないでしょうか。

SC-01GはGALAXYNoteEDGEですが、これは話題にはなりましたが、人気はイマイチです。

SC-02GはGALAXYS5Activeとなかなかおもしろい機種ですが、売れ行きは全然といいます。

となるとこの機種が一番整った感じで発売されるわけです。

その他にはこの機種にはキーボードも付属するので、いわゆるノートパソコンとして動作させることも可能なわけです。

実際はAndroidタブレットにキーボードが付いただけというレベルですが、キーボードがあるのとないのとでは雲泥の差です。

文字入力はやはりキーボードがあるに越したことはありません。

ノートパソコンとは完全互換はしませんが、簡単な文字入力などを検討している人にとっては非常にいいと思います。

普段はキーボードなしで使い、自宅ではキーボードアリで使うというスタイルでいいのではないでしょうか。

Samsungは最近日本では人気がなくなってきましたが、XPERIAよりもいいという意見もたくさんあるほどです。

一度検討してみてはどうでしょうか。

2015年4月に入り

SamsungのGALAXYシリーズの最新作も日本で発売される予定です。

ドコモ、auがSamsungのフラッグシップモデルの発表をしました。

実にSamsungはいい機種を作りますね。個人的にもSamsungの機種は非常にいいと思います。

日本ではXperiaのほうが人気が高くなってしまいましたが、本当はGALAXYのほうが作り的にはいいと思います。

作り的というのは、内部構造ですね。いわゆるプログラムにあたる部分の作り込みです。

また日本でも息を吹き返して欲しいですね。

初回投稿日:2014年12月10日