Ascend MATE 7(アセンド メイト 7)オクタコアでSIMフリー MVNOの救世主となるか?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

Ascend MATE 7というファーウェイの端末が12月に発売される予定です。

この機種はなんといってもオクタコアを搭載していることが本当に素晴らしいと思います。

日本で発売されている機種の大半はクアッドコアです。

そもそもオクタコアとかクアッドコアというのはどういう意味でしょうか?

CPUというものがスマートフォンには搭載されています。

人間でいうところの頭脳にあたるところです。

その頭脳にあたる部分がクアッド(4)、オクタ(8)あるのです。

要するに、処理するために考えてくれるところがこの機種は8つもあるわけです。

あとよくある周波数というのがありますが、2.3GHzとか2.2GHzなどというやつですが、それは頭の回転数と思えばいいでしょう。

多いほど頭の回転が速いということです。

頭の回転が早く8つの頭で考えてくれるなら結構高速な処理速度だと思います。

この機種はそれが売りなのです。

スペックはAndroid4.4を搭載し、先ほど話したようにオクタコア 1.8GHzのCPUを搭載し、画面サイズは6インチのフルHDです。

カメラも背面カメラは1300万画素で、前面カメラは500万画素となっている為、自分撮りも問題なく出来るでしょう。

かなりのハイスペックモデルとして仕上がっているのです。

中国製とはいえこの機種はかなり前評判もいい機種です。楽天ではすでに予約販売されているので、興味ある人は一度みてみるといいと思います。

一度検討してみてはどうでしょうか。

販売出来るサイトは?

オクタコア搭載 AscendMate 7 楽天で非常に安価に発売中

AscendMate7は割りと安価に購入することが可能です。

正直なところVaioPhoneを購入するなら確実にこちらの機種だと思いますね。

VaioPhone バイオフォンは全然売れない スペックの割に価格も高く

早速ですが、VaioPhoneはほとんど売れていないということです。

恐らく評判どおり、スペックの割には価格が高いということが原因なのでしょう。

確かに高いと思いますが、それなりの機種ではありますね。

恐らくこのVaioPhoneと同じようなスペックでいえば、このAscendMate7よりもZenfone5などになると思います。

同じ価格帯で選択するのであれば、確実にAscendMate7を選択するほうが賢いですね。

そう考えるとこのAscendMate7がどれだけ安いのか?ということがわかると思います。

なんといってもオクタコア搭載です。当然ながらMVNOの救世主になることは間違いないと思いますが、日本では量販店でも購入することは可能です。

この前に販売店の人に聞くと、売れません!と嘆いていました!いい機種なのに認知度が低すぎるということでしょうか・・・

中国製ということでしょうか。原因はよくわかりませんが、CMなどもしていないこの機種を日本で販売することはスペックの割に至難の業のようですね。

初期投稿日:2014年12月10日