iPad Pro 12.9 インチモデル ForceTouch スタイラスにも対応

20150821061340

iPad Proが発売されるという噂は今までもありましたが、スタイラスにも対応して発売されるようです。

発売日は?

10月頃にも発売されると噂されております。

iPadAirとの違いは?

スタイラスが付属されるというくらいでしょう。

当然画面サイズも大きくなり、12.9インチというかなり大画面になりそうです。

MacbookAirの11インチモデルよりも画面サイズは大きくなると思われます。

そんな大画面誰が買うの?

日本なら法人向けといったところでしょうか。

スタイラスもついており、ForceTouchも採用されているようなので、プレゼン用途などの法人向けにはかなりの需要が出そうです。

個人向けならさすがに画面が大きすぎるので、どうなのかな?と思ってしまいますね。

それでもこれくらいの大画面のものを待っていた人も非常に多いはずです。

画面の解像度は2732×2048となりかなり高解像度になりそうですが、画面サイズが12.9インチと大きめの為、現行のiPadAir2と変わりません。

日本では用途的には法人向けがメインになると思われますね。

セルラーモデルとWi-Fiモデルの2つが発売されるものと思われます。

iPadAir3は出ないの?

iPadAir3の発売を待つ人も多いと思いますが、iPadAir3は年内の発売はなさそうです。

発売されるのは2016年に入ってからになると思われます。

そうなると先にiPadProを発売してその後にAirの発売ということになります。

戦略としては先にiPad Proを見せて置いてからAirという選択を強いられる戦略は上手かなと思います。

iPad ProのライバルはMacBookAirになるのではないでしょうか。

それでもOSが異なるので、完全なライバルにはならないかもしれませんが、Macbookも徐々にiPad化してきており、将来的にはOSの統合ということも十分考えられます。

OSが統合するとWindows8のようになるという失敗事例もあり、そうなると喜ぶ人とそうでない人に分かれると思います。

私はOSの統合には反対ですが、開発者にとってはOSの統合ということはありがたいでしょう。

やはりそれぞれを開発するということは非常に面倒ですからね・・・

AppStoreとしては本来なら1つのアプリだけを様々なガジェットで作り込みが出来るようにしたいのかもしれません。

Samsungも大画面用のスマホを開発

2015年8月24日

Samsungは大画面タブレットを開発中という情報が出てきました。 現在大画面のタブレットというのは、それほど発売されておりません。 ...

Samsungも大画面のタブレットを開発中です。こちらは今のところiPad Proの対抗と言われておりますが、ここまで大きければ、かばんに入ることもないので、どちらかというと据え置き用の機種だと思います。

自宅などの寝室においてもこれは大きすぎるので、使い勝手としてはイマイチですね。

ここまで巨大なディスプレイを採用しているということは本当に企業用途ではないかと思います。

それこそブラウザでのみ動作するシステムなどで使うことができれば非常に簡単に使うことも可能だと思います。

iPad Proという新しい名称ですが、実際の中身は巨大なiPadだと思えばいいと思います。

それにしても新しいことを考えてくれるとユーザーはワクワクしますね。

iPadはiPhoneと違い使い勝手も悪くありません。Proは10月にも発売される予定ですので、楽しみに待ちたいところです。

引用元:appleinsider

ツールバーへスキップ