キャッシュバック CB 多くてお得でも 毎月のランニングコスト 維持費が見えない

携帯電話のキャッシュバックやCBが多いという話がよく耳にすると思います。

キャッシュバックが多くてもお得なのでMNPをしようと考えている人もいると思います。


MNPするとお得なの?

これはよくある質問ですが、MNPするとお得なことは間違いありません。

ただしMNPしても毎月のランニングコストが見えないのです。

今より毎月の維持費がお得になるのか、そうでないのか・・・そのあたりがキャッシュバックの影に隠れて見れないのです。

料金プランの裏に隠れた毎月の通信費からの減額

毎月通信費というものは払うと思いますが、それに隠れて、毎月割など月々サポートなど非常にわかりにくい割引制度があります。

その割引制度というのは機種ごとに割引の幅が異なり、機種ごとに維持費がかわってくるのでしょう。

機種ごとに維持費がかわるということは、同じように機種を変更しても維持費の安い機種と高い機種の2つが存在するのです。

本当にわかりにくい料金制度

料金プランというものを各社掲げていますが、料金プランというのは出来るだけシンプルにと謳っていますが、実はシンプルではありません。

機種ごとかつ契約の仕方ごとにすべて異なるのです。

例えばiPhoneを機種変更、新規契約、MNPで持った場合の維持費は毎月異なっているわけです。

それだけで非常にややこしいと思いませんか?

結局そのややこしさがキャッシュバックの影に隠れているのです。

キャッシュバックが多いといったところで、違約金やランニングコストまで考えると必ずしも儲かるとは限りません。

たいていの場合MNPの施策は多くありますが、結局のところ、本当に儲かるかどうかというのはわかりにくいのです。

結局自分達で調べる必要があるのです。

毎月の維持費というのは本当にわかりにくいです。

もう少し各社考えて欲しいですね。それこそ機種ごとに割引額が異なるのではなく、そのあたりも一律にしてほしいです。

むしろ端末代金は払うので、毎月のランニングコストを下げるほうが結局消費者にとってありがたいと思うのですが、どうでしょうか。

まさにこういうものです

ソフトバンクから発売されているiPhone6の月月割が0円になります。 実施時期は? 8月1日〜となります。 おかげで8月...

こういうことですね。iPhone6のキャッシュバック額は多く見せれますが、毎月の維持費は非常に高く、かつ途中で解約すると違約金が発生するというリスクを背負わされるのです。

非常につらいところですよね・・・よってキャッシュバックがあるというだけではもったいない可能性もあるわけですね。

初回投稿日:2015年8月10日

ツールバーへスキップ