ドコモ 新料金プランで解約違約金が発生しないプランを検討中

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

ドコモは新しい料金プランを今後出してくる可能性があります。

現在ドコモを含めた各社は携帯の料金は基本的に2年縛りの契約がほぼ必須となっています。

その変わり毎月の基本料金は一般的なプランに比べて安価に抑えられております。

一般的なプランは?

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

一般的な料金プランだと2700円のかけ放題プランと4200円のプランですが、こちらは違約金が発生しません。

ちなみに私が携帯電話を持ち始めた頃は4200円のプランでもカケホーダイなどは存在しませんでしたが・・・ただしデータ通信の部分がなかったので、基本的には1万円以下に料金を収めることが可能でした。

今は携帯の料金もかなり下がりました。それでも2年縛りという契約が一般的になり、解約違約金は更新月以外は発生してしまうというよくわからないプランがずっと横行しておりました。

そのプランを総務省指導のもとに変更されるというものです。それらのプランを今年度中に見直すという方針を打ち出しました。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

どのようなプランになるのか?

・段階的に解約違約金がなくなっていくような制度
・2年後以降は解約違約金が一切かからなくなるような制度

これらを軸に検討されているようです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

面倒なのでMVNOは?

実はこれらの契約ではデータ通信契約をすると違約金すら発生しません。

OCNは音声通話の時には解約違約金は発生しますが、恐らくそれはMNPが出来るからです。

MNPが出来なければ違約金は発生しないのです。

と考えるとMNPしないことを前提に違約金が発生しないようなプランが出てくるかもしれません。

結局MNPすることにより儲けることを防ぐという目的もありそうです。

一番いいのはMVNOを使い続けるのが一番お得なのかもしれません。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

その後はどうなっていったの?

2016年2月18日追記

ドコモ au ソフトバンク 2年縛りを見直し 解約期間 更新月を2ヶ月に

更新月の見直しは行いました。

とりあえず2年目と2年一ヶ月目に対しては違約金は発生しません。

それでも2年以降は違約金が発生しないというプランではなさそうです。

結果的に2ヶ月違約金を発生させない月が出来ますが、これくらいでは消費者は納得しないと思います。

昨今実質0円もなくなり端末価格も高騰しました。ましてや各社決算発表でもそれなりの数字を上げているのです。

結構儲かっているにも関わらず消費者への還元はあまりありません。

本当にこのままでいいのでしょうか。この記事の後に総務省がタスクフォースを開いております。

総務省のタスクフォースにより、本来とはかけ離れた感じの販売形態にかわりました。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

実質0円が廃止

実質0円が廃止され一括0円案件も非常に少なくなりました。

メーカーは総務省 の実質0円施策廃止でスマホ 携帯電話が売れない

こちらの記事を見てもらえればいいのですが、メーカーは本当に辛いと思います。

携帯が売れないということは、携帯業界が縮小していくということでした。

現在携帯の契約数は1億契約以上を突破しており、日本市場では飽和状態です。

すでに飽和状態ですが、それでもMNPを中心に携帯の販売台数は増やしてきておりました。

もう日本で販売台数を増やしていくのはキャッシュバックなどのお得感をつけて販売するしかなかったのです。

それを現在とっぱらっている状態なので、今後何か新しい改善が生まれないと携帯電話は売れないでしょう。

携帯電話が売れないということは、残念ながらメーカーは本当に苦悩に立たされると思います。

実際それでもいいという意見もあるようですが、それでは新機種の開発など立ち遅れてしまいます。

本当にこのままでどうするのでしょうね・・・

引用元:ヤフー(ヤフーから記事さ削除されたので、リンク先を解除しました)

初回投稿日:2015年7月19日