iPhone6 アイフォン6のスペックを紹介 iPhone7 /Plus 発売後 まだまだ使える機種

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

iPhone6のスペックを紹介したいと思います。

今更ながらと思うかもしれませんが、iPhone6のスペックがどれだけ低いか認識出来ると思います。

低くても使い勝手もよく非常に人気のあるiPhoneです。とりあえず見てみましょう。

スペックを紹介

大きさ 138.1x67x6.9mm
重さ 129g
画面サイズ 4.7インチ
解像度 1334×750
カメラ 800万画素 F値2.2
カメラ前面 120万画素
CPU A8 Dual core 1.4GHz
RAM 1GB
ROM 16,64,128GB
Bluetooth 4.0
Wi-Fi 802.11 a,b,g,n,ac

スペックはこのようになっています。

現行で発売されているAndroid機種などに比べても非常に低いスペックとなっております。

今更といわれるかもしれませんが、本当にスペックは高くないのです。

ということは非常に安く作られている?ということにもなります。

Android機種のほうがスペックもかなり高いので、当然ながら原価も非常に高いわけです。

にもかかわらずiPhoneは非常に人気もあり、日本では一番売れている機種といってもいいでしょう。

なぜここまで人気があるのか?ということですが、動作速度が早いということになります。

スペックが高いAndroidでもiPhoneのようなヌルヌル動作させることは、最近です。

それまではiPhoneとAndroidを比較してもそれほどヌルヌルに動作していませんでした。

やはりその差はOSの差にあると思います。

iPhoneのOSは非常によく出来ているのです。Androidは汎用的なOSなので、基本的には色々なハードウェアに対応させる必要がありますが、iPhoneのOSはiPhoneにしか対応しておりません。

よってかなりの専用の作り込みが可能となります。その差が動作速度にも現れているのです。

このスペックだけを見ると少しさびしくなるかもしれませんが、スペックだけでは語れないということですね。

是非次のiPhoneも楽しみにしたいところです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone6sのスペックを予想

iPhone6s iPhone7 Plus スペック 仕様 まとめ 発売日は?

次に発売されるiPhoneのスペックの予想です。

すべてにおいてレベルアップが図られる予定ですが、今回のスペックに比べるとかなりスペックがあがるものと思われます。

とはいうものの、iPhone6でもまだまだアプリなどは十分動作させることが可能なので、無理やり買う必要はないと思いますね。

ただし今回のiPhone6sはかなり大量に製造されていると言われております。

iPhone6s iPhone6s Plus 初回販売台数は8500万台〜9000万台を予想

初回生産で1億台弱もの生産をする予定です。かなりの数ですよね・・・ここまで製造するならすぐに購入出来そうな感じがしますが、恐らく年末くらいまではすぐには手に入らないでしょう。

それくらい今回のiPhone6sに対しては期待度も高いわけです。後少しで発表される予定ですが、非常に楽しみです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone6で動画撮影

2016年10月10日追記

こちらiPhone6で動画を撮影しております。

今更iPhone6なの?と思うかもしれませんが、実は結構まだまだ使えるのがiPhone6です。

動画もそこそこきれいに撮ることが可能となっております。ズームしたところで、結構ズームもできるのです。

ぜひこちらの動画をみてもらいたいと思います。

初回投稿日:2015年7月14日

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加