スマホはCPUなどの発熱が常に問題 精密機器で毎日触るから・・

スマホは携帯電話というよりももうパソコンの領域にまで入っていると思う人はかなり多いと思います。

パソコンがあればなんでも出来るという人も非常に多いでしょう。

スマホもあればたいていのことは可能です。さすがにパソコンに比べると出来ることは少なくなるわけですが、動画の編集や写真の加工など簡単なことならスマホでもすることは可能です。

となればやはり気になるのはCPUの処理能力です。

CPUというのは人間で言うところの頭脳に当たるわけですね。この頭脳もたまにはクールダウンしないと使い続けていると徐々に熱を持っていきます。

この発熱という問題ですが、今また出てきております。

スマホが発売されて間もない頃数年前の話ですが、数年前は発熱問題というものも結構ありました。

よってこの発熱問題によって、メーカーが謝罪するなど色々ありましたが、ここ最近の発熱問題でピックアップされるCPUがあります。

それはSnapDragon810というクアルコムのCPUです。元々このCPUは発熱問題があるなどと色々言われておりましたが、やはり・・・といったかんじです。

ソニーから発売されているXPERIA Z4がまさにこのCPUを採用しております。

よってこのCPUを採用している機種はのきなみ発熱問題に悩まされております。

ユーザーからもこの発熱問題に関してはかなりの指摘があり、メーカーとしてはかなりつらい立場だと思います。

発熱が起きると熱を逃がそうとしたり処理速度を落としたりとそれなりに工夫はするのですが、こればっかりはCPUの問題なので、一概にスマホが悪いとはいえません。

本当にメーカーはこのあたりの問題は気をつけて欲しいところですね。

SnapDragon820では期待したい

2015年7月15日追記

次にクアルコムから発売されるSnapDragon820というCPUがありますが、こちらの機種では本当に期待したいですね。

熱問題がユーザーに与える不快感は本当にすごいです。

この不快感がなくなるだけでユーザーはかなり満足します。

バッテリーに与える影響などを考えるとすごいと思います。

是非早急に検討して欲しいですね。

初回投稿日:2015年7月14日

ツールバーへスキップ