SnapDragon820 Samsungが製造で 最大クロック数は3.0GHzにも

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

SnapDragon820というクアルコムの次世代CPUですが、すでにテスト段階に入っているということです。

SnapDragon820というのはすでにクアルコムが発表しているCPUですが、Kryoアーキテクチャの採用により、3.0GHzというかなりの高クロックで動作するということです。

20150702073201

またこちらのCPUですが、14nmプロセスという技術を使用してSamsungが製造するということです。

Samsungが製造を担当しOEMで提供されるということです。

SnapDragon810には熱問題などがありましたが、今回のSnapDragon820は改善されているということです。

14nmプロセスというとんでもなく細かいプロセスで製造される為、消費電力も改善されるということです。

高クロックで消費電力も改善されるという素晴らしいCPUです。

SnapDragon810でクアルコムはこけましたが、Samsungはまさに救世主となってくれるかもしれません。

日本でSnapDragon820が採用されるスマホが発売されるのは、まだ少し先になると思いますが、今から非常に楽しみですね。

XPERIA Z4のような熱問題がなければいいのですが・・・

XPERIA Z4 SO-03Gのバッテリーの持ちが悪い 発熱する CPUの影響

日本で発売されているZ4に搭載されているCPUはSnapDragon810です。色々問題が出ているようですが、次のCPUには期待したいところです。

今後発売されるスマホに搭載予定

2015年7月5日

当然ながらこのCPUは今後発売されるスマホに搭載される予定です。

LG G Pro 3というLGから発売される機種にも搭載される予定です。

期待したいのはXPERIAなどの日本で発売されているフラッグシップモデルに搭載されることを願っている人も非常に多いと思いますね。

やはり最新のCPUはフラッグシップモデルに搭載してほしいと思う今日このごろです。

個人的にはこのCPUはかなり期待したいところです。設計も810とは異なり、かなりいいと思います。

Samsungはいい意味でいいものを作るメーカーです。個人的には非常に好きですね。

引用元:mobile-dad

初回投稿日:2015年7月2日