iPhone6s iPhone6sPlusにSamsung製のROM 東芝から移行へ

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

AppleはSamsung製のチップを再投入しようという動きがあるようです。

20150515062346

現行で発売されているiPhoneは東芝、SKハイニックス、サンディスクがそれぞれシェアが50%、30%、20%となっています。

その部門で現在トップ3のサプライアになっているのです。それがSamsungに変更される可能性があるわけです。

東芝製は128GBのROMをAppleに供給しています。16GBはSKハイニックスとなっています。

その割合を取り崩すべくSamsungが交渉中ということです。

SamsungとAppleといえば、特許などの問題で色々やりあっていることは知っていると思いますが、iPhoneの供給元としてSamsungは十分Appleに恩恵を与えているのです。

実はこの2社の仲はどうなの?と思いたくなるほどですね。

現在CPUはSamsungが担当しており、実際のところiPhoneの中身はSamsungではないの?といいたくなりますね。

Samsungも当然大きい会社なので、そのあたりは製品を組み立てる部門と、製品を製造する部門と分かれていると思われ、また交渉する人もそれぞれが異なるのでしょう。

iPhoneの内部には日本製がかなり入り込んでいますが、これまた徐々に韓国製に持っていかれるのでしょうか。

そう考えると少しさびしい感じがしますね。

カメラはソニー製

iPhone6s アイフォン6sに搭載されるカメラはソニー製の1200万画素

一応カメラはソニー製のようなので、そのあたりは日本人として安心出来ると思います。

それでも1つの部品でもiPhoneに採用されると数が数千万台となる為、すごい儲けになるでしょう。

是非日本企業も検討してほしいですね。

引用元:patentlyapple