パケ死で140万の請求というニュース 消費者庁への苦情で勝てるはず

iPhone8 /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

パケ死で140万の請求という人が世の中に現れたというのです。

ネットで検索してもらえればわかると思いますが、非常に残念ですね。

20150628230011

こういう感じのようなのですが・・・

基本的には苦情をいえば、1ヶ月さかのぼってフラット契約にしてくれるはずです。

一度これを断ったらどうなのでしょう?

ちなみにSPモードをつけた時に何も言われなかったらしいのですが、逆にそれが本当ならある意味苦情モンですね。

ちなみに2.2GBの通信しかしていないということなのですが、2.2GBでこの料金というのは普通に考えておかしいでしょう。

この料金設定をしているドコモがどうかしているわけです。

ちなみにauの従量課金は上限2万円です。2万円なら普通に考えて良心的だと思います。

逆に考えると2万円でも高いのですが、これなら払える金額なわけですね。

なぜこれくらいの一般的に払える金額にドコモはなっていないのでしょうか?

そう考えると従量課金の値段が高すぎるのです。

ドコモに限らず他社の従量課金の値段はぼったくりを超えていると思いませんか?普通に考えて電話料金が100万円を超えるとか意味がわかりません。

ただでさえ料金が高いのに、それを超えての請求は普通に考えるとおかしいですねよね。

是非従量課金の件ももう少し考えてもらいたいところですね。