au ID ログイン時の2段階認証 SMS を回避する方法

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

auでオンラインショッピングする時にauポイントを使おうと思って、ログインするのですが、2段階認証という言葉が出てきて先に進めない時はありませんか?

普通にSMSを受信出来る人なら2段階認証で問題ないと思います。

スポンサーリンク

2段階認証が面倒な人

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

SIMを抜いてしまっている場合などは2段階認証は非常に面倒です。

その都度SIMを挿してSMSが来ていることを確認する必要がありますよね。

セキュリティ的には問題あるかも知れませんが、2段階認証を回避した人も多いでしょう。

となると回避する方法ですが、157に電話するだけです。

auの携帯電話からでは157ですが、一般電話や他社携帯から電話する時は0077-7-111ここに電話してください。

そして

3番 ご契約内容

4番 auIDに関するお問い合わせ

これを選択すれば問題ありません。

ここでIDを取得する電話番号を伝えて、2段階認証を解除してください。と伝えるだけです。

逆にこれ以外の方法では回避出来ませんので注意が必要です。

この場合でも携帯電話の暗証番号は必要になりますので、覚えておいてください。

2段階認証はセキュリティ上いいのかも知れませんが、不便ですよね・・・

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

auIDはmineoでも使用

auIDはmineoでも使用します。

mineoの場合は自分で取得することなく相手からすでに登録したものをもらえます。

念のために覚えておくといいでしょう。

今後このようなワンタイムパスワードを発行することは多くなると思います。

特に最近のセキュリティはかなり厳しくなる一方です。

悪い人が多いからそういうことになるわけですね。

面倒なことはやめて欲しいことですが、セキュリティを保つためにはある意味必要なのかも知れませんね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

セキュリティ向上の為には

この2段階認証ですが、セキュリティ向上の為にはある意味仕方ないことなのかもしれません。

セキュリティを向上させる為には利便性が損なわれます。

私も仕事上ある程度セキュリティに関しては精通しておりますが、この2段階認証というのは本当に素晴らしい仕組みです。

通常企業などのセキュリティで2段階認証まで出来るところはあまりありません。

それは非常に費用がかかるからです。それをユーザーセキュリティ向上の観点でauが費用をかけて実施してくれているわけです。

実はこの仕組というのは本当にすごいわけですね。

ワンタイムパスワードを発行するなど結構大変なシステムということは理解できると思います。

利便性は損なわれますが、他の人がログインできないので、ある意味仕方ないことかもしれませんね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

今後はこの2段階認証がどんどん増える

2015年8月25日追記

2段階認証がどんどん増えてくると思われます。

特に職場での認証方式です。単純に会社の中では問題ないと思いますが、外部に会社の仕組みを持っていく場合などにこのような二段階認証の仕組みが導入されるのです。

一応このサイトでは回避方法を書いておりますが、回避するとSecurityレベルは確実に落ちます。

ワンタイムパスワードはそれなりに有効性が高いので、基本的に本人しかログイン出来なくなるのです。

SMSでパスワードが送信される仕組みなので、非常にわかりやすくそれなりにログインをすることが可能なのです。

IDとパスワードだけでは不十分な世の中になってきたので、このようなワンタイムパスワードということは非常に有効でしょうね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

認証が強くなると面倒なことも

2016年1月25日追記

認証が強くなれば強くなるほど面倒なこともありますよね。

ワンタイムパスワードというものは、専用機もあるくらいここ最近では流行っているものとなっています。

流行っているというよりそれほどセキュリティ向上を各社図っているわけです。

それでもSMS認証を回避させるということをするわけですからセキュリティレベルは下がってしまって当然ですよね。

そのあたりは考えておきたいところです。

初回投稿日:2014年11月29日