iPhone6s /Plus アイフォーン6s スペック お得 機種変更 ドコモ au ソフトバンク

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

新型iPhone6sが発表され、そろそろ1年近くなり、iPhone7の情報も出てきておりますが、それでも今のところ一番人気の機種はiPhone6sです。

そしてiPhone6sのSIMフリーモデルが非常に人気になっております。

気になるSIMフリーの価格を紹介したいと思います。

SIMフリーの価格は?

Apple SIMフリー iPhone6s /Plus アイフォン6s 価格はいくら?

こちらに価格表が記載されております。

価格は円安の影響だと思いますが、それなりに高額な価格になっております。

SIMフリーは当然ながら世界的に人気があるので、GET出来るなら是非GETしておきたいところではないでしょうか。

個人的にもSIMフリーモデルは非常に欲しいですね。問題はiPhone6も使いこなしてないのに、iPhone6sが使いこなせるかどうか心配ですが・・・

SIMフリーは海外でも簡単に使えるので、オススメはしたい機種です。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone6sを安く買う方法

iPhone6sはオンラインショップで購入するのが一番オトクです。

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

ソフトバンクオンラインショップ

こちらが各社のオンラインショップになっております。オンラインショップはなぜお得なのでしょうか?

ドコモ オンラインショップ 機種変更はお得 メリット 新規 MNP 一括0円もあり

ソフトバンク オンラインショップ メリット 機種変更 iPhone7 iPhone6se 予約 お得に契約する方法

こちらオンラインショップがお得な件を記載しております。オンラインショップは非常にお得です。

iPhone6s iPhone7のスペックが非常に気になる人も多いと思います。

現在出ている情報を元にスペックに関して触れてみたいと思います。

20150515062200

iPhone6s スペック

大きさ 138.3×67.1×7.1mm
重さ 143g
CPU A9 クアッドコア 1.7GHzx2 1.2GHzx2
RAM 2GB
ROM 16・64・128GB
画面サイズ 4.7インチ
解像度 1334×750ドット
カメラ 1200万画素/500万画素
カラー ゴールド・グレー・シルバー・ローズゴールド
その他 TouchID・3DTouch

こちらがiPhone6sのスペックです。

実はこう考えるとそれほどiPhone6とくらべて変わらないと思う人も多いと思います。

それが今回はかなり早くなっているのです。

レビュー

2015年10月2日追記

iPhone6s iPhone6sPlus アイフォーン6s レビュー 評価 評判

こちらにレビュー記事を掲載しておきます。

今回は驚くほど高速動作します。フリックで遅れて入力されるなんてことはありません。

それだけでも本当にすごい成長を感じますね。

まずは持った感じですが、iPhone6とくらべてもそれほど変わりありません。

軽いという印象はありませんが、特に重いという印象もなさそうです。

個人的には非常によくなったという印象ばかりですね。

それでも発売後に発熱問題が勃発してフラッシュが付かないなども問題になっているようです。

個人的にはそれほど気にすることはないのでは?と思いますが、どうなんでしょうか?

iPhone6sはまだ発売されたばかりでローズゴールドの在庫を待っている人も多いと思います。ネットで予約すると割りとすぐに購入することは可能だと思います。

是非検討して欲しいと思いますね。

ドコモ ソフトバンク au iPhone6s /Plus 予約はこちらで 在庫ありで待ち時間もなし?

予約はこちらのほうで可能なので、一度こちらを確認してほしいと思います。

発売日は?

今のところ9月25日と予定されております。恐らくこれで間違いないと思います。

毎年その頃に発売されるからです。元々8月に発売される可能性があると予想されておりましたが、結局9月になりそうです。

色々な噂が交錯しておりますが、今のところこれで間違いなさそうですね。

iPhoneは本当人気のある機種です。楽しみに待ちたいところですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

スペック表にある寸法は?

寸法ですが、今のところ以下の予想があります。

iPhone6s iPhone6sPlus 本体の厚みが増し 長さも伸びると予想

こちらを元に現行のiPhoneの大きさから想定されておりますが、これは予想なので、今のところわかりません。

重さに関しても現行よりも重くなるでしょうね。

iPhone6sとiPhone6の比較

iPhone6s iPhone6 比較 違いは? どこが変わる予定?

こちらにiPhone6及びiPhone6sの比較をしております。スペック的にはiPhone6sはかなりレベルアップするものと思います。

個人的にもiPhone6sは買いの機種になると予想出来ます。

iPhone6でも十分動作しますが、このスペックを見ると間違いなく、iPhone6sは買いの機種になると思います。

比較は気にする人も多いと思いますが、結構なレベルアップなので、非常にいいと思いますね。

iPhone6Plusもこれと同様にレベルアップすると思われます。そしてiPhone6Plusにしかつかない機能なども搭載されるかもしれません。

iPhone6Plusは5.5インチモデルなので、敬遠する人も多いと思いますが、iPhone6Plusには「光学手ぶれ補正」というiPhone6にはない機能が搭載されております。

次に発売されるiPhone6sPlusにも同様の機能が搭載される可能性はありますね。非常に期待したいところです。

iPhone6との比較は?

2015年6月25日追記

iPhone6s iPhone6 比較 違いは? どこが変わる予定?

iPhone6との比較ですが、実は比較するといまいちなのかもしれませんが、iPhone6はかなり人気機種です。

個人的にもかなりいいと思いますね。とはいうもののiPhone6は現行でも十分綺麗に動作してくれます。

ここでiPhone6sを発売しなくても6で十分売れると思います。それでもiPhone6sを発売する理由は少しでもスペックアップしてほしいというメーカーの思いもあると思います。

非常にいい機種だと思いますので、この2機種は悩んでもいいのかもしれませんね。

最近のニュースでも32GB〜と出ていました

2015年7月2日追記

ここ最近のニュースでも32GB〜と出ていたということは32GB〜で間違いないと思います。

16GBと値段据え置きでお願いしたいと思いますね。

逆に32GB〜なら64GBは売れないのではないでしょうか。

私も現在64GBを使っておりますが、32GBがあればそれを購入していました。それくらいで容量は十分なような感じがしますがどうでしょう?

大きすぎても結局使わなければ勿体無いです。

動画や写真はパソコンに移してしまえば問題ありません。出来ることならトータル的な費用は抑えたいところですね。

画像が流出

2015年7月3日追記

ついに内部の画像が流出しました。

iPhone6s アイフォン6sの画像が流出 iPhone6と構造はほぼ同じ 発売は9月の予定

これを待っていた人も非常に多いのではないでしょうか。なんといっても内部の画像が流出ということで、期待を膨らませたいものですが、内部の構造上の変化はあったものの、見た目は現行のものとさほど変化はないようです。

となると今のフィルムやケースが使える可能性が非常に高いわけです。

この画像流出はかなりおおきな意味を持っていると思いますね。当然ながら周辺機器メーカーにはすでに情報がいっていると思いますが、iPhone6sの場合はiPhone6のものが流用出来るものも多く、さほどコストをかけずにメーカーは開発することが出来ますね。

ケースはなぜiPhoneが多いのか?ということですが、同じモデルのものがたくさん発売されている為、1つあたりの原価を下げることが可能なので、たくさん作れるわけです。

iPhone6sを購入してもケースなどの購入には困らないと思いますね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

発売日は9月18日で確定

2015年7月10日追記

9月18日に発売されるというニュースが色々出回っております。

18日もしくは25日のどちらかで確定だと思いますね。

iPhone6s /Plusの発売日は9月18日で確定?

発売されることは間違いないと思いますが、それにしてもすごい加熱っぷりですね。

次に発売されるのはiPhone6sで、その次はiPhone7、iPhone7sとなると思いますが、ますます日本ではiPhone人気がすごいので、本当に期待される機種の一つになってきていると思います。

iPhoneがなぜ人気があるのか?ということですが、なんといっても日本のキャリアすべてで取り扱っています。

それがなんといってもいいと思いますね。

MNPをしてもiPhoneならどこのキャリアでも選択することが可能ということが非常にいいと思います。

iPhone以外の機種も最近は選べるようになりましたが、iPhoneがほしくてソフトバンクにMNPした人もドコモやauに戻ってきているようです。

やはりそれだけiPhoneが人気があるからですね。あと日本ではなんといっても本体代金が安いということもあげられます。

本体代金が安くて使いやすいiPhoneというのは本当に魅力的ですよね。

CPUの争奪戦でメーカーがかなりの競争

2015年7月13日追記

サムスンとTSMCがiPhone7のCPU A10で Appleに提供の為の開発を実施

次期iPhone6sでもなく、その次に発売される予定になっているiPhone7ですが、すでにCPU争いが行われているようです。

TSMCとSamsungというメーカーです。

Samsungは聞いたことはあると思いますが、TSMCというメーカーは聞いたことも少ないと思います。

台湾のメーカーですが、現在発売されているA8の製造を担っているといわれております。

この2社でA10というCPUも出てくると思われます。10nmという非常に細かいプロセス・ルールで製造されている為、消費電力は今よりも40%少なくなるといわれております。

消費電力というのはスマホにとっては重要な問題です。これが少なくなれば、スマホのバッテリー寿命もかなり伸びるわけです。

非常に期待したいCPUが搭載されるわけですが、今から約1年後のことになるわけです。

その頃にはAndroidスマホにも省エネ性能のCPUが搭載されると思いますので、今よりiPhoneとAndroid合戦が出てきそうですね。

背面画像が流出

2015年7月21日追記

iPhone6 iPhone6Plus 背面画像 内部画像が流出

こちらですが、背面画像が流出したようですね。

iPhone6とほぼ見た目は同じとなっております。流出したのはゴールドのようですが、見た目が同じということはいい意味で期待どおりということでしょう。

となると期待出来るのは、現行で使用されているケースです。

ケースの流用が可能になる可能性が非常に高いのです。

iPhone5とiPhone5sの時と同じように一部変更はあるかもしれませんが、基本的には同じケースを流用出来る可能性が高いのです。

iPhone6からの乗り換えということも十分考えられます。

MNP一括0円などで購入を繰り返している人が、来年の3月頃また再度乗り換えでiPhone6sを狙うなんてことも普通に考えられますね。

iPhoneは日本では非常に人気なので、この背面画像流出は嬉しいところですね。

厚みは明らかに増すよう

2015年8月3日追記

iPhone6sのケースメーカーの寸法が流出 iPhone6より若干厚くなる

ケースメーカーの寸法表が流出したことにより、厚みが明らかになったようです。

今よりも若干厚みが増すことは確実でしょう。当初0.1mm程度の厚みでしたが、0.2mm程度の厚みが増します。

現行のケースで使用出来るかどうかは発売されてみないとわかりませんね。

樹脂製のケースならちょっと厳しいかもしれません。

かなりキツイと思います。ソフトケースなら問題ないと思いますが、今のところわかりません。形状が変更されると結構辛いですね・・・

やはりiPhoneは2年間同じ大きさで行って欲しいと思います。

ローズゴールドの画像が流出

2015年8月7日追記

iPhone6s ローズゴールド用のロゴ写真を確認

こちらがその写真を掲載しているページになります。

非常にわかりにくいですが、ローズゴールドという綺麗な色の名前ですね。

あまり日本では聞きなれなかった名前ですが、このiPhone6sで新色が登場するというとかなりこの色の名称は世の中に出てきました。

Appleの消費国である中国がゴールドが大好きということで、こういう色も発売することにしたのでしょう。

日本でもこの色はかなり流行ると思いますね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL


RAMが1GBになるとの情報も

2015年8月18日追記

iPhone6s アイフォーン6sのRAMの容量は1GB iPhone6と同様

RAMが1GBになる可能性があります。1GBのRAMというとiPhone6と同じRAMの容量です。

iPhone6と同じでiPadAir2よりまだ半分のRAMということになります。

一応スペック表は更新しましたが、そうなれば少し残念な感じですね。

それでもハード設計とソフト設計が1社でまかなっているというところで、あまり心配ないかもしれません。

それでもAndroid機種は4GBのRAMが標準搭載されようとしている中でこれはどうなのでしょうか・・・

少し残念な感じがしますが、仕方ないことなのかもしれません。

その後の情報でRAMは2GBでした。実際に2GBのRAMが搭載されております。下の記事にもその旨の記載があります。

やはり2GB

2015年8月25日追記

やはり2GBのRAMが搭載されるようです。

2GBなら安心ですよね。それでも現行の1GBでも十分動作していると思いますので、そう考えるとそこまでこだわる必要はないと思います。

Androidなら4GBが今後当たり前になっていくことを考えれば、2GBでも寂しいところですが、現行のiPhone6が1GBなことを考えるとそれだけよく作られているということです。

iPhoneは本当にハードとソフトを一緒に作っているだけのことはあり、非常に信頼性や動作などには定評がありますよね。

iPhone6sの情報から記載しております。

iPhone6sが実際に発表されました。非常に気になっている人も非常に多いと思いますが、まだなんといっても発表されたばかりです。

これからGETの為に動く人も非常に多いと思います。是非GETしてくださいね!

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

予約はこちら

予約はこちらで行うことが可能です。

こちらはソフトバンクです。ソフトバンクの電波はかなり改善されているので、結構いいと思います。

店員がiPhoneに精通していることもオススメですね。

ドコモはSIMフリーに即日行うと予定しており、そういう意味でも安心ですね。

au Online Shop

auはスマートバリューを使うことにより、かなり安価に維持することが可能です。

iPhone6sのスペック情報ですが、このページ自体のAccess数がかなり多く別サイトへ移動させました。

今後このサイトから別のサイトへ徐々に移行を行う予定です。

今後は新携帯情報をご確認ください。

http://keitaijoho.jp/archives/38

これからも携帯情報をよろしくお願いします。

最も新しい記事を最上段にアップしました。

そろそろ発表されるということで最もホットな話題を伝えたいと思います。

iPhone7ではさらに薄型に

2015年9月8日追記

iPhone7 アイフォーン7はiPodTouchのように薄型に進化か?

iPhone7では現行のiPhone6やiPhone6sのようにさらに薄型になるといわれております。

今でも十分薄いですが、さらに薄型になればよろこばれること間違いなしです。

iPodTouchクラスの薄さになれば強度の問題もあるかもしれませんが、Appleはそのあたりも踏まえて製品を開発していると思いますので、大丈夫だと思います。

それにしても6mm程度の厚みといえばかなり薄型ですよね・・

以下に過去からの記事を掲載しているので、是非確認してみてください。

iPhone6s及びiPhone7に関して非常に盛り上がっていると思います。

このサイトでもかなりの盛り上がりが出てきております。画像のリーク情報やスペックなど情報は様々ですが、色々まとめておりますので、以下から確認していただきたいと思います。

20150705094702

最新のニュースでは

iPhone7になるとボタンがなくなり Androidちっくな機種に

ボタンがなくなるようです。

この画像ですが、かなりかっこよくないですか?

20150515203233

後ろにLEDが入って非常によくないでしょうか?

実際こうなるか不明ですが、ボタンがなくなることにより、かなりいけてるようになる可能性があるわけです。

ただしこれはコンセプト画像の為、実際にこうなるかは不明ですね。

こうなったら非常に面白いということなのですが、個人的にはなる可能性は十分に考えられます。

その理由は物理ボタンがあるということはそれだけで故障率が増えるような気がするからですね。

故障するとメーカーとしては信頼問題にも関わります。

そうなれば故障率の少ないものを搭載させるほうが確実にいいと思いますね。

物理的に動作させることが少なければ物理的に故障する確率が減るからですね。

iPhone7が発売されるのは恐らく2016年9月頃になると思いますが、後1年ちょっとだけ辛抱が必要ですね。

初回投稿日:2015年6月22日

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加