iPhone6s iPhone6sPlus 本体の厚みが増し 長さも伸びると予想

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

iPhone6sの情報が徐々に出てきておりますが、今よりも厚みが増すようです。

KGI証券の報告によると今回のiPhone6sの長さは0.15mm長さが伸びると予想しています。

本体の厚みに関しても0.2mm厚くなると予想しております。厚みを増すということはどういうことかというとやはり強度の問題だと言われております。

またその中で7000系アルミを取り込むことにより、業界でもかなり強度のあるスマホにするということのようrです。またこの筐体に使用されるアルミはAppleWatchスポーツに搭載されているアルミと同じといわれております。

なぜ厚くなるの?

今厚みに関しては少し触れますが、それ以外にもForcetouchを搭載するということで、ある程度の厚みが必要になるということです。

あまりにも薄いと液晶も薄くする必要があります。実はあまりにも薄い状態の場合Forcetouchが搭載出来ないというデメリットがあります。

iPhone6s /Plus に搭載される予定の Force Touch機能がすごい

こちらにForcetouchに関して少し触れております。こちらが採用されるかつ厚みが増すということはほぼ間違いないと思いますね。

また新色に関しても採用されるということです。ローズゴールドという新しい色になりそうですね。

20150515062346

これはこのサイトの中でも何度も触れられているので、ほぼ間違いないと思います。新色追加で、厚みも増すが、Forcetouchが搭載という非常に楽しみな機種になりそうですね。

引用元:phonearena