スマホを持つ世帯の毎月の支払い 維持費は1台あたり 8000円前後が多い

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

スマホを持っている人もかなり増えてきたと思いますが、毎月8000円くらいの維持費を払っていませんか?

私の友人などに聞いたことなのですが、ざっくりネット+携帯代で夫婦ふたりで2.5万円ほどの支払いがあるということでした。

ネット代が約6000円ほどということを考えると残りが携帯代金です。

1人あたり1万円弱が携帯の支払いになるわけです。携帯の支払いはやはり毎月発生するものなので、かなり家計を逼迫させていることは事実です。

完全なる税金

携帯代とは完全なる税金と同じです。毎月それなりの固定費が発生するわけです。

キャリアはデータ通信という見えないものに対してかなりの高額な維持費を毎月払わせているわけですね。

それでも携帯電話は日本では実質的に4社しかありません。

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルこの4社です。

よって普通の人はこの4社のどれかとは契約しているはずです。

MVNOという格安SIMを使ってもこの4社のどれかの回線は使っているのです。

払い続ける幸せ

毎月の費用のことをもったいないと思いつつも払い続けられることが一番幸せです。

なぜ幸せなのか?ということは私は携帯関係の記事などを書いているので、それなりに情報は入ってきますが、入ってこない人も結構いるのです。

逆に入ってこない人のほうが多いのかもしれません。

そういう人からすると払い続けることに対して何も違和感を感じないわけですね。感じる人は携帯のことをそれなりに知っている人達です。

その人達は高額請求を悔しいと思うわけです。高額支払いが悔しいといったところで1万円以内の話です。

恐らく携帯の支払いに対して何も感じない人にとっては、残念ながらその1万円の支払い以上の仕事をしている人もおり、それに対して1万円の支払いが勿体無いということすら感じない人もいるわけです。

勿体無いと思っている人はそれなりに自分で研究して安価な持ち方をする人も多くいると思います。

スマホを安く維持したいなら 格安スマホ+MVNOの組み合わせ

こういう組み合わせをして少しでも維持費を下げる努力をすると携帯電話を安く持つことが可能です。

是非一度は考えてみてはどうでしょうか。

安くするすべ

MVNOを持つということも安くする術なのですが、電話とメールだけでいいという人はガラケーのプランを見直すということもありだと思います。

究極はメールはパソコンだけで十分という人もいるようです。

ソフトバンク ガラケーのりかえ割 延長で終了期間の設定はなし

そういう人はソフトバンクの契約ののりかえ割というものを使うというのも手ですね。

これなら電話をかなり使うという人でも固定費を下げることが可能です。

このプランはそれなりにいいプランだと思いますね。一度検討してみてはどうでしょうか。

初回投稿日:2015年6月17日

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加