実質価格 一括価格 実質0円 一括0円 違いを説明 お得なのはどちら?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

携帯電話を購入するにあたって実質価格と一括価格があることは知っている人も多いと思います。

知っていながら違いがあまりわからないという人も多いのではないでしょうか。

どちらで購入するのがお得なのかなぜこの2つの払い方があるのかということをお伝えしたいと思います。

実質価格のからくり

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

実質価格というのは機種代金を安く見せる効果があります。

実質0円と言われると端末が0円で所持できるのか!と思うわけです。ただしそれは通信をすることを前提に考えられているわけです。実質0円だけが先行して、毎月の通信費は完全に置き去りにされているわけです。

毎月の通信費は人によると思いますが、キャリア契約をした人なら恐らく8000円ほど払う必要がありますが、その中に端末代金も込になっていると思ってもらえたらいいでしょう。

結局毎月8000円もの通信費及び基本料金が別に発生しているわけです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

実質価格とは

具体的に説明しましょう。まずは2年間持つことを前提に分割で端末を購入した場合ということが前提です。

実質0円の機種があるとします。その場合仮に毎月の分割費用が2000円だったとしましょう。その時には24ヶ月払う必要があるので、端末の本体代金は48000円であることがわかります。

ただし本体代金48000円と書くと高い機種と思われるので、実質0円の機種と呼ばれるのです。

そして毎月2000円を分割金にして払うわけですが、毎月の通信費及び基本料金が以下の場合だったとしましょう。

2700+300+5000+2000-2000=8000円

この2000円というのが+及び−になっていますが、はじめの+2000円というのは本体代金です。そのあと2000円引いているのは、通信費からの値引きが入っているのです。

通信費から2000円割引くことにより、本体代金を実質0円として見せているわけです。

2年間この料金プランで払い続けることが前提ですので、途中で解約すると残りの端末代金は払う必要があります。

12ヶ月後に解約した場合は単純に端末代金の残り12ヶ月分を払う必要があり、24000円を請求されることになります。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

一括価格とは?

一括価格を上記説明を元に説明しましょう。上記の機種は一括価格でいえば0円ではなく、48000円の機種です。仮に48000円を一括で購入したとしましょう。

すると端末代金の支払いは発生しません。

よって毎月の維持費は以下のようになります。

2700+300+5000-2000=6000円

同じ契約だったとすると上記の支払いになるわけです。(2年間)

端末代金は払ってもらっているので、毎月2000円の割引は行いますというものです。

結局2年間使うことが前提で考えるとこの場合では、同じになるわけです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

こんなケースも

一括0円で購入出来たとしても毎月の割引はありません。

要するに一括0円で購入出来たとしても以下のような支払いがあることが普通にあります。

2700+300+5000-0=8000円

これなら毎月の支払いは実質0円と同じです。毎月の通信費からなにも引いてくれない場合もあるわけですね。

そのあたり契約するときに毎月の維持費を含めて考えたいところです。

それが携帯電話の難しいところなのです。

契約時期や機種や契約内容によって毎月の通信費の値引きも変化します。どれが一番オトクかということは、その時期にならないとわかりません。

非常にわかりにくいので、通信費を下限まで下げて端末代金を実質価格ではなく本来の価格で表示するほうが、本当はいいのではないでしょうか。

わかりにくく、毎月の通信費に関してもプランが多く非常にわかりにくいです。なんとか改善してほしいですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

今後一括0円はなくなる?

2015年12月24日追記

今後一括0円はなくなる可能性が非常に高いです。一括0円というのは端末代金がいわゆる無料です。

機種変更ではあまりありませんが、MNPいわゆる電話番号ポータビリティでは結構ある話なのです。

要するに番号そのままで他社へ乗り換えるという人はMNP一括0円で携帯電話をGET出来るということもあり、結構重宝がられているのですが、今後は総務省の指導の元なくなる可能性があるのです。

総務省は極端な値引き合戦はやめたほうがいいという通達を各キャリアに対して出しました。

ということは各キャリアはそれを守る必要があるのです。必ず守りなさいというわけではありませんが、やはり守るほうがいいと考えるキャリアが多いわけですね。そうなると端末の一括0円という極端な値引きはなくなる可能性が非常に高いわけです。

ひょっとしたら実質0円という販売もなくなるかもしれないといわれているのです。

実質0円で端末を販売するということは結局のところ通信費にその端末代金が乗っているわけです。

実質0円という売り方も実際には端末価格は毎月支払い頂くということが前提条件なのです。にも関わらず端末代金が0円に見えますよね。

普通の顧客なら実質0円というのも一括0円というのもよくわからないのが現状です。

逆にいうとわかる必要はあまりないのかもしれません。それにしても一括0円が今後なくなるというのは本当に痛い話だと思います。

端末を安価に購入したいと考えている人にとっては本当に痛い話でしょう。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

MVNO 格安SIM 格安スマホには実質価格は基本的にない

2016年8月25日追記

実は実質価格というのは、非常にわかりにくく、実際の価格ではなく本体代金実質○○円という表示は本当にエンドユーザーからすれば、わかりにくいですよね。

元々ソフトバンクでこのような実質価格が生まれ今では全キャリアで採用されるなどキャリア側からすれば非常にわかりにくい言い回しで顧客を騙すような言い方を考えたなぁ〜と思いますが、実際のところこの実質価格で安く感じる人もいるので、別にそれはそれで構わないわけです。

それでも毎月の維持費のトータルで話をしてくれたらいいのですが、本体代金実質価格といわれてもトータルの支払いを聞いたらびっくりするような高額になっていていったい実質価格ってなんなの?と思う人も多いわけですね。

基本的にMVNOいわゆる格安SIMと呼ばれる分野がここ最近かなり流行ってきておりますが、実際のところこの格安SIMにはそういう2年縛りや実質価格という考え方はありません。

通話し放題プランが付いている 格安SIM 毎月破格でネット電話が利用可能 非常にお得