Appleが取得した特許技術で iPhone6s iPhone7はさらにカーブする構造になる?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

アメリカの特許庁はAppleが取得した42の特許について発表しました。

ロボットアームなどの特許や新しい液体金属関連の特許です。

5軸ロボットアーム

6a0120a5580826970c01b8d120a38e970c-800wi

この特許によって三次元物体(いわゆるiPhoneのこと)の表面を研磨する新しい改良がされたということです。

6a0120a5580826970c01b8d120a3ae970c-800wi

こちらの図では、液体金属に関する技術ということです。

わたしもこのあたりはあまり詳しくないので、正しく説明は出来ませんが、新しい特許により新しい形状のスマホを作るということが出来るようになったということでしょう。

アメリカは特許で企業が守られている部分があり、その特許を使いたければ特許料を払う必要もあります。(特許料を払って使うということは日本でもかなりありますが・・・)

新しい形状が出来るということは嬉しいこですが、すでに今の形状でも満足している人も多いと思います。

それでも新しいスマホの形を他社とは異なる形状を求める人もいるということですね。

今後発売されるiPhone7はどのような形になるのでしょう。それはそれで非常に楽しみですね。

引用元:patentlyapple