販売計画の達成が厳しい 販売店の悩み スマホが売れない

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

携帯を契約するのはどこでしますか?量販店?ショップ?専売店?

どこでしても構わないですが、それぞれの店には販売計画というものがあります。

1ヶ月の間にどれだけ販売してくださいというものですね。

量販店の場合

量販店の場合はその店からのプレッシャーと携帯販売代理店の上からの圧力が結構あるようですね。

その店というのは量販店のことです。ヤマダ電機やジョーシンというその量販店からのプレッシャーですね。

販売計画というのはその店の規模などにより、異なるわけですが、正直なところ1ヶ月ではかなり厳しいと言われるくらいの値を設定されるわけです。

前年同月比10%増しなどといわれるわけです。仕事をしているので当然といえば当然なのですが・・・

それでも市場が徐々に縮小傾向なので、10%割増など達成出来る可能性というのは非常に少ないわけです。

ショップは?

ショップは携帯を販売する以外の業務もかなりあります。よって販売計画もそれなりにあるわけですが、量販店や専売店に比べては少ないでしょう。

それと携帯の故障などでも顧客が来店するわけですから、その時に機種変更も薦めやすいというメリットがありますね。

専売店は?

携帯電話を売ることを専門にやっている店舗なので、当然ながら施策もかなりありますが、販売の重圧もそれなりにあると重いますね。

携帯を売る専門店なので、携帯を購入しにくる顧客しかいないのです。

それこそツイッターなどを駆使し、顧客を集めています。機種変更の情報よりもMNPに食いつくような美味しい条件をツイッターにかなり書き込んでいますね。

ソフトバンク系はこの専売店もかなり多いですね。よってソフトバンクはずっと右肩上がりで契約数を増やしております。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

やはりどこの店でも売れない

ここ最近キャリア縛りが非常に多くあり、やはりなかなか売れません。

量販店及び専売店は販売してナンボという世界なので、販売出来ないとプレッシャーはかなりあるようですね。

当然といえば当然なのですが、そこで働くひとはかなりしんどいといいます。

売れないものは売れないのです。キャリア縛りが強くなりMNPをする人も少なくなりました。

さらにいえば、売れ筋の在庫がないということもあるようです。

結構それぞれの店によって悩みは違うようですが、縛りを減らしてもあれだけ利益が出ていたので、もう少し代理店の立場になってほしいところですね。

MNP施策をあげないと売れない

機種変更では携帯が売れない お乗換え MNP 施策をあげて 販売店に有利に

結局MNPの施策をあげないと一番困るのは代理店なのです。

今まで代理店にがっつり携帯を売ってもらっているので、代理店に還元して欲しいと思いますが、どうなんでしょうか。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

総務省によりさらに売れにくく

2017年2月23日追記

総務省の施策によりさらに売れにくくなっております。総務省はなぜキャリアモデルから販売される機種に対してキャッシュバックなどをあまりしないようにしているのです。

それはなぜかというとMVNOいわゆる格安SIMへの乗り換えをすすめるためです。

格安SIMというのは2000円前後から利用出来るSIMになっており、キャリアから出ているものよりかなり安価に利用することが可能なのです。

格安SIMという言葉は2014年くらいから出てきましたが、一般の人はあまり所持しておりませんでした。

それが2015年くらいから徐々に増えて2016年ではかなり増えてきたと思われます。

LINEモバイル

UQ mobile

これらの格安SIMは非常に有名なのです。これらを利用することで本当に安価に維持することが可能なのです。

ぜひ一度確認してみてはどうでしょうか。

初回投稿日:2015年6月5日