携帯電話の分割契約の支払いでブラックリスト入りで クレジット作れない

携帯電話の契約でブラックリストに入るということを知っている人も最近非常に増えてきていると思います。

カード引き落としにしておき、給料振込み口座とカードの引き去り口座が同じであれば、ほぼ問題ないと思いますが、そうでない人も多いはずです。

いわゆる給料を普段定期的にもらっておらず、銀行口座からの引き落としという人もいるはずです。

そういう人は残念ながらブラックになる可能性があります。

ドコモが口座から料金を引き去ろうとしても引き落としが出来ない場合があるのです。

その時は別途郵送で紙が送られてきますが、その紙を放置した場合に携帯の支払いも出来ないということでブラックリストになる可能性があるのです。

基本的に3ヶ月の未納状態でブラックです。

毎月の支払いをきっちりすれば問題ありませんが、ほんの数千円でも借金は借金です。

借金を返さない人ということになるわけです。

借金を返さない人は社会的信用がなくなります。

以前クレジットカード会社で仕事をしていた経験を元に

以前わたしはクレジットカード会社で仕事をしていたことがあります。

クレジットカードの審査の仕組みは具体的には教えられませんが、独自審査及び第三者機関での審査があるのです。

基本的にシステム的に審査を行うので、どこかの判定で契約を蹴られた場合はよほどのことがない限りクレジットは作れません。

クレジットカードが作れないと不便なことが非常に多いのです。

クレジットカードとは?

いわゆる信用取引です。クレジットカードが代金を肩代わりしてくれているわけですね。それはクレジットカードを作る=社会的信用があるとみなされ、クレジットカードは所持している人に対して、信用取引をしているのです。

よってクレジットカードは一時的に代金を建て替えてくれるのです。

信用のない人への建て替えは普通行ないませんよね・・・

社会的信用というのが限度額です。限度額が増えれば社会的信用が高いということになります。

通常クレジットカードを新規に作成しようとすると20万〜30万程度の限度額からスタートです。それが信用が増してくると100万ほどまで貸してくれるわけです。

ゴールドカードになるとさらに社会的信用が増す為に100万程度まで信用貸ししてくれるのです。人によってはゴールドカードでもさらに限度額の高い人もいます。

結局どこかで信用をなくすと

社会的な信用は5年間くらいなくなりません。よって一度クレジットカードに蹴られると基本的には5年間は作ることは難しいということになります。

ローンなどの審査なども同様なので、携帯電話の支払いは滞り無く行いたいところですね。

初回投稿日:2015年6月2日

ツールバーへスキップ