シャープ 海外向けの廉価版モデルにシフトしたほうが成功するのでは?

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

シャープが日本の各キャリアに端末の供給を始めておりますが、今回の夏モデルでは各社に異なるシリーズのモデルを提供するようです。

基本的な部分は同じですが、画面サイズが異なったりと結構異なる部分が多いのです。

シャープは現在経営的にかなり苦しいのでは?

かなりの赤字があり、かなり厳しいと思います。

関西の企業ですが、リーマンショック後パナソニックも赤字でしたが、V字回復しました。

それがなぜかシャープだけV字回復せずに沈みっぱなしですね。

シャープというメーカーは日本でもかなり有名なメーカーですが、実は日立や東芝に比べるとやはり売上では下なのです。

シャープはコンシューマ向けの製品に力を入れてきた為このような結果になったと思いますね。

ここ最近のシャープはハイスペックなものに対して力を入れているイメージがあり、正直高すぎて売れないような気がします。

2015年夏モデルでは?

夏モデルでは、残念ながらハイスペックな機種をかなり投入しました。

ドコモに対しては、廉価版モデルを発売しておりますが、基本的にハイスペック路線です。

今のシャープの経営状態を鑑みると、資源の使い方を間違っているの?と思うほどです。前にシャープは海外へ販路を求めてスマホを出したこともありましたが、ことごとく失敗しております。

最近はアメリカ市場で若干発売しているようですが、それでもしれています。

今後のシャープは?

やはりSIMフリーの分野で戦って欲しいと思います。SIMフリーの分野は日本ではまだそれほどオープンな世界ではありません。

それこそイオンなどと組んでAQUOSブランドで発売すれば少しはマシなのではないでしょうか。

今回の夏モデルでは3社に端末を提供しているわけですが、実際のところ爆発的に売れる機種とは思えません。IGZOを搭載しておりますが、売りはそれくらいです。

もう少し頑張って欲しいところですね。

初回投稿日:2015年6月2日