iPhone6s アイフォン6sに搭載されるカメラはソニー製の1200万画素

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

iPhone6sに搭載されるかめらがソニー製の1200万画素のカメラが採用されるようです。

iPhoneといえばカメラ部分はソニー製でしたが、今回はついに1200万画素にレベルアップするというのです。

この情報が正しいとすると以前から噂されていたこの情報は正しかったということになりますね。

現在のカメラの画素数が800万画素になっているので、400万画素レベルがあがるわけです。

かなり嬉しいことではないでしょうか。

20150527061930

今回のカメラはRGBWという技術が使われており、RGBにW(ホワイト)というサブピクセルを追加するという技術になるようです。

暗室でもキレイに撮れるカメラになっているようで、F値も1.8くらいになるのでしょうか。

iPhoneはそれにしても噂の絶えない機種ですね。個人的にはAndroid機種が1500万画素を超えているので、iPhoneも一気にそれくらい上げて欲しいと思っているのは私だけではないはずです。

日本では非常に人気のあるiPhoneですが、世界的に見たら欲しいけど手が出ないと思っている人も非常に多いはずです。

欧米の人たちが購入出来る人も多いと思いますが、東南アジアやインドなどの国の人は欲しくても購入出来ないという人達が非常に多いと聞きます。

やはりそういう意味では800万画素レベルの廉価版も出し続けるほうがいいのかな?と思ってしまいますね。

引用元:gforgames