ドコモ ARROWS ケータイ F-05G スペックは? 発売日は?

ドコモがF-05GというARROWS ケータイというものを発表しました。

今までARROWSケータイという名前のものはなかったと思いますね。

mv_01 (5)


スペックは?

大きさ 113×51×15.8mm
重さ 129g
CPU
RAM/ROM
画面サイズ 3.4インチ 854×480
カメラ 810万画素
防水・防塵 ◯・◯
ワンセグ

これは完全にガラケーといってもいいと思いますね。

CPUやRAMに関しては記載がありませんが、公表されていないようです。

SH-06GがSnapDragon200を採用しているので、そのあたりかと思いますが、どうなんでしょう。

Android4.4を搭載しているということですが、Android4.4を動作させるだけならこれくらいのCPUでも問題ないのかもしれませんね。

価格を抑える為にかなりの部分を省いての販売かと思います。

Wi-Fiにも対応していないので、LINEをする時には3G通信が必要ということになります。

発売日は?

6月中旬と案内されております。

後1か月後くらいでしょうか。

今後ドコモはAndroidを搭載しているガラケーをメインで発売していくものと思います。

Xiにも対応せずFOMAプランが適用出来るということは非常にありがたいことですね。

Androidはなんでも出来るため、これくらいの縛りがあったほうがいいのかもしれません。

iモードは完全排除といったところになるのでしょうか。今後どうなっていくのか楽しみですね。

auと対比して

auは夏モデルとしてAQUOS Kというモデルを発表してきました。

前回のAQUOS Kと比べてVoLTEに対応するなどスペックアップしております。

それと対照的なのはドコモですね。ドコモはガラケーというスタンスが変わりません。

AQUOS KはAndroidとしてのスペックもそれなりにいいのですが、ドコモは低めのスペックです。そのあたりがキャリアによる明暗がわかれるところです。

過去にソフトバンクからもガラケータイプのAndroidが発売された経緯があり、今後ソフトバンクに関してもどうなるかわかりませんが、Android対応のガラケーが発売される可能性が高いですね。

今回は富士通とシャープがドコモにAndroidタイプのガラケーを作ったわけですが、各社仕様が異なっているので、結構しんどいのではないでしょうか。

メーカーもかなり苦労していると思いますね。ただでさえ今の日本市場はメーカーは厳しいのにさらにサービス提供会社(ドコモやauなど)がサービス提供に伴う仕様をメーカーに投げかけるというところで、本当にメーカーは苦しい立場だと思います。

円安で海外売上比率もあがり、儲かっているように見えますが、実態経済はどうなんでしょうね・・・

今メーカーは儲かっているように見える時期なだけで本当は儲かっていないんでしょうね・・・

そんな話はおいておいて、今回は楽しめそうなガラケーが発表されましたね。

初回投稿日:2015年5月14日

ツールバーへスキップ