毎月割 月々サポート 月月割 違いは? 各社言い方が違うのでわかりにくい

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

au ドコモ ソフトバンクで毎月の通信費からの値引きの呼び方が違うことを知っていましたか?

どう呼ぶの?

au:毎月割
ドコモ:月々サポート
ソフトバンク:月月割

こう呼ぶのです。

これは端末代金を安く見せる為の施策です。

端末を安く見せる為?

仮に通信費が毎月5000円で端末代金が3000円だったとします。

そして店員の謳い文句は端末代金が実質0円です。

こう言われたとしましょう。

仮にauでの契約の場合は以下のようになります。

通信費:5000円
端末代金:3000円
毎月割:−3000円

こうなるのです。

ただし式にするとこうなります。

(5000-3000)+3000=5000円

足し算や引き算なので、結局カッコはいらないんじゃないの?と思うかもしれませんが、毎月割が3000円つくということは、通信費からの値引きなのです。

端末代金は値引きはしてもらえません。

その実質0円という時も2年間使った時の実質0円というだけで、端末代金を払う必要はないということではありません。

かりに1年だけ契約してその後に解約したとしましょう。残りの1年分の分割料金は払う必要があります。

毎月3000円なら2年で72000円の機種代金です。それが1年しか払っていないということは、解約時に36000円を払う必要があるわけですね。

それなら実質0円じゃない!といいたいところですが、2年間使うことを前提に実質0円となるのです。

要するに1年しか使わなかったら実質0円にはならないのです。

よって毎月割というのは2年間続きます。

それは他社も同じことです。呼び方が変わっているだけで、実際にやっていることは端末代金からの値引きではなく、通信費からの値引きということです。そのあたりは忘れないようにしましょう。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加