GALAXY S6 GALAXY S6 EDGEでRAMの管理に重大な不具合があることを確認

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

Samsungから発売されているGALAXYS6シリーズですが、RAMの管理に問題があるということが判明したようです。

いわゆるメモリリークと言われるものですね。メモリリークはAndroid5.0でも不具合があると公表しておりました。

Android5.0.1でメモリリーク問題 Android5.0.2で解消予定

こちらが過去に書いた記事ですが、まだ解消されていないというものです。

どうもアプリを立ち上げる時にはかなり時間がかかるということです。

AndroidシステムではRAMを解放する機能が備わっております。要するに使っていないアプリはRAMに常駐せずに一旦解放され、他のアプリの起動用の容量として使われるのが一般的です。

その部分の管理がうまくいっていないというのです。

そして無駄なRAMの容量を専有して、残念ながら動作が遅くなるということになっているようです。

先ほど過去記事でAndroid側の問題もあるように書きましたが、Android側にも問題がありますが、Samsungの作り込みにも問題があるというのです。

作り込みの部分に対しての問題であれば、アップデートにより解消する可能性が非常に高いのです。

スマホはAndroidで制御している部分とそれ以外で制御している部分があり、そのあたりの問題は非常に難しい問題だと思います。

日本でもこれからかなり売れることが予想されるGALAXYシリーズですが、早くこのような問題は解決して欲しいところですね。

恐らくまだ改善されていない

2015年6月3日追記

まだこの状態は改善されていないようです。

かなりこの機種は売れているとSamsungは情報を流しているようですが、実際はそうでもなさそうです。

Samsung人気ももうなくなりつつあるのでしょうか。

Samsung GALAXY S6 /EDGEの販売台数は305000台/日 本当のところは?

これがSamsungの公表している数値ですが、信頼性がないとのことで、3日にも正式な数字が発表されるとのことです。

Samsungは日本でもかなり不信のようなので、今後どうなるのでしょうか。

GALAXYシリーズはSamsungの中でもドル箱です。これが不信なら結構しんどいのではないでしょうか。

日本でももう少しがんばってもらいたいところですが、日本市場でXPERIAというライバルがいる状態では厳しいのでしょうかね・・・

引用元:sammobile

初回投稿日:2015年4月30日