シャープが赤字転落 携帯事業での盛り返しは? AQUOSでどうなる?

iPhone8 /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

シャープが赤字に転落したというニュースはみんなが周知している事実ですが、シャープの携帯を持っている人、もしくは次に購入する携帯電話もシャープにしようと思っている人非常に多いと思います。

まずは明るいニュースから

シャープが5.5インチ用で4KのIGZOディスプレイを発表 iPhone7に採用?

携帯の世界ではシャープは新しい技術を色々と開発しています。

現在シャープはAppleへの部品供給を行っている会社の一つになっております。iPhoneがあれだけ売れていても残念ながら部品供給だけでは儲からないということですね。

またシャープの事業はそれだけではありません。洗濯機や掃除機やエアコンなどいわゆる白物家電も作っているメーカーですね。そちらのほうが携帯の台数よりも売れているということです。

なぜシャープはここまで転落してしまったのか?ということB to Bの売上が少なかったことが原因だと思います。

三菱や日立などはビジネス向けの仕事もかなりやっており、売上のB to B比率はかなりのものです。

そう考えるとシャープはあまりないように思いますね。

シャープを目にする機会というのはかなりあると思いますが、売上の大半がB to Cということを考えると仕方ないことなのかもしれません。

今後携帯業界はどうなるの?

国産スマホとしてシャープは各社に端末を供給しておりますが、確実に今後は縮小状況になると思います。

現在iPhoneかXPERIAといわれており、シャープの機種が入る余地は少なくなってきました。

シャープの機種があれだけ各社から発売されておりましたが、実際にはシャープの機種は売れないのです。XPERIAが売れるのです。

やはりそれは販売戦略でしょう。ソニーはデジタル家電に力を入れておりますが、その強みを活かした製品がかなり世の中に出ております。

シャープも昔はパソコンを販売しておりましたが、今はパソコンを販売しておりません。今後携帯電話も縮小傾向なので、一応売上頭の携帯電話事業も追い込まれると思いますね。

シャープのなにがいけないのか?ということですが、正直なところ無難な機種を作りすぎる。それと海外戦略の失敗があげられます。

ソニーはまだスマホが世の中に出てくる前に、エリクソンと提携して海外で携帯電話事業を立ち上げましたが、ある意味成功といっていいでしょう。シャープは中国を中心に立ち上げましたが、完全に失敗しました。

それでもソニーの経営はかなり苦しいと思いますが、シャープに比べれば成功事例はかなり持っていると思いますね。

シャープは今後携帯事業も縮小になり、気になるのはサポートです。シャープの機種を購入することは様子を見たほうがいいのかもしれませんね。