ソフトバンクと東電が業務提携 電気料金の割引や 電気セット割など開始か

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

ソフトバンクと東電が業務提携を開始しました。

ソフトバンクは通信のインフラを持っており、東電は電気のインフラを持っています。

この2社は社会基盤を構築の上で外せない2社なのですが、これら2社が業務提携を行うと発表しました。

2016年4月から電気の自由化が始まり、東電としては他社に電気を持っていかれるということに対してのメリット、ソフトバンクは東電利用者のソフトバンク利用へのメリットこの両方を果たしていると思います。

今までの流れからいくと東電に加入している人がソフトバンクの携帯を持っているとソフトバンクの基本料金の割引ということが考えられます。

ひょっとすると東電側の割引の可能性もあります。

どの程度の割引なのかそういうことは不明ですが、セットで加入することにより、メリットがあるものと思います。

さすがに電気を契約しない世帯はないと思いますね。ほとんどの世帯で電気契約は行っていると思います。

携帯に関しても、ほとんどの世帯で携帯契約は行っていると思います。となるとそれらが手を組むとなると、東電としてはかなりのメリットがあるでしょう。

それこそ新規参入するということもかなり難しくなるのではないでしょうか。ソフトバンク+東電でどの程度のメリットがあるかどうかわかりませんが、これで契約者が増えるということを考えると、両者かなりのメリットがあり、実質他社参入は難しくなると思いますね。

それくらいこの施策は強みなのだと思います。今は東電だけですが、これから他の地域も考えているのでしょう。

ソフトバンクの強気な営業はすごいと思いますね。