iPhone 4インチモデルはは2016年度に発売予定 iPhone6s ではなくiPhone7c?で搭載予定

AUOという台湾のディスプレイメーカーが4インチのiPhone用パネルをAppleと契約したようです。

4インチのiPhoneといえば、iPhone5sがすぐに思い浮かびますが、iPhone5sはもう販売も終息に向かっております。

それでもiPhone5sは根強い人気があり、その理由に4インチディスプレイを採用しているということのようですね。

この記事によると、今後4.7インチのディスプレイ及び5.5にもAUOが力を入れるとのことです。

現在日本メーカーでは4.7インチモデルにシャープがありますが、5.5インチのIGZOを開発したというニュースにもありました通り、5,5インチでもシャープにはがんばってもらいたいですね。

シャープが5.5インチ用で4KのIGZOディスプレイを発表 iPhone7に採用?

こちらの記事にシャープのIGZOディスプレイの件が触れております。

現在AUOが契約したということは2016年頃に発売されるディスプレイということになると思いますので、恐らくiPhone7c?というモデルになるのではないでしょうか。

iPhone7で、4.7インチ、5.5インチ、4インチというラインナップになりそうですね。


iPhone6sでは?

一部iPhone6cが発売されるとの報道もありますが、既存でiPhone5sの4インチを作成していることからiPhone6cというモデルも販売される可能性は非常に高いです。

iPhone7からAUOという会社が参戦するということだけだと思いますね。

iPhoneは日本でも非常に人気の高いモデルです。小型モデルを廉価版という位置づけではなくフラッグシップという位置づけで発売して欲しいところですね。

引用元:technews

ツールバーへスキップ