総務省 解約違約金 撤廃の動き 2年後の自動更新 廃止を勘案

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

総務省は携帯電話の解約ルールを5月から議論を開始する予定のようです。

現在2年縛りの契約にすると25ヶ月目が解約月となり、それを超えるとまた解約違約金が発生してしまいます。

そのルールを25ヶ月目以降ならいつ解約しても解約違約金が発生しないようにする仕組みを構築するということなのです。

5月の段階ではまだ議論が開始されるだけなので、実際の運用開始まではかなり時間がかかりそうです。

これは実際の契約者からのクレームによる発動だと思いますが、確かに2年に1度しか解約違約金が発生しない月がこないということ自体がおかしいような感じですよね・・・

なぜ2年3ヶ月目で解約したらそこでは違約金が発生するのか?ということですが、キャリア側からの反発は必至だと思いますね。

それでもこの制度は利用者の意思を尊重しているとは思えません。2年間契約し続けるということに関してはある意味仕方ないと思います。

それを承知で契約するわけですから、仕方ありませんよね・・・

それでも2年経った時に解約をし忘れる人も多いのです。特にみまもり携帯などをセットで契約させられている人も結構多くいると聞きます。そういう人が2年後に正規料金の請求が来て、その時に解約しにいったら時すでに遅しなのです。

請求が来てから解約しにいったところで更新月は超えているのです。よって違約金を払う必要があるわけです。

正直2年後のことなんて覚えている人少ないですよね・・・そうなるとこの2年で自動更新よりも2年後いつでも解約違約金を徴収しないという流れのほうが自然ですよね。是非これはお願いしたいところですね。