イオン スマホは評価出来るか 価格及び性能などはどうなのか

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

イオンはキャリアでもないのに、テレビではイオンスマホというCMをやっております。

イオンスマホってなんなの?と思う人も非常に多いでしょう。

イオンはいわゆる携帯代理店を行っているにすぎません。

どういうことなの?

結局はイオンは自社で端末を作っているわけではなく、調達しているだけなのです。

端末を仕入れて、SIMをセットにして販売するというだけなのです。

端末を仕入れて売るということはわかりますが、SIMをセットに?ということが若干難しいですよね。

携帯電話というのはSIMと呼ばれる契約部分と端末の本体の2つが組み合わさって通信を行うのです。

そのSIMも代行で販売しているわけですね。

イオンで購入したとしてもイオンのSIMというわけではありません。昔はイオンSIMというものもありましたが、最近では他社ブランドのものをイオンが代行して売っているのです。

契約された時の毎月の通信費の一部をイオンが手数料としてもらっているのだと思います。

評価出来る?

イオンの携帯事業はすでに黒字化されております。ということはすでに儲かっているということで、十分だと思いますね。

ヨドバシがSIMフリーの専用カウンターを設置するというニュースがありました。

ヨドバシで格安SIM MVNOの専用カウンターを設置 各社取り扱いが可能に

実はすでにイオンはこれに近いことを行っているのです。

以前この記事でバイオフォンなどを取り上げたことがありますが、そういうものとSIMをセットにして販売しているわけです。

評価が出来るか出来ないかといえば、かなり評価出来ると思います。

キャリアで契約すると毎月の維持費は非常に高価になりますが、イオンでセットで端末を購入すると非常に安価な維持費です。

維持費の部分だけでもかなり元が取れると思いますね。

イオンが取り扱っている端末の評価は分かれるところですが、基本的には徐々にラインナップも増やしてきたので評価出来ると思います。

個人的には悪くないと思いますね。今後ますます発展すると思います。