SIMロックフリー 格安SIM MVNO メリット デメリット キャンペーン 格安スマホ 安い

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

SIMフリーが2015年5月から解禁されます。

解禁されるとMVNOいわゆる格安SIMに流れていく人が非常に多くなると思います。

MVNOとはいわゆる格安SIMを提供している会社です。

格安SIMはというのはどんな会社があるの?

mineo

b-mobile

BIGLOBE

イオンモバイル

これらが格安SIM会社です。この中で一番のおすすめというのはmineoですね。それが一番のおすすめかとおもいます。通信速度もそれなりに早く、現在キャンペーン中だからです。使うならこの会社のものを利用したいところですね。au系でもドコモ系でもどちらも利用できるというところも非常にメリットかと思います。

最大のメリットは価格が非常に安価なことが最大のメリットです。価格を最小限にしてSIMフリースマホなどとのセット販売をするということも格安SIM会社としてはメリットです。やはり一番困るのは、販売店が少ないということです。結局のところ量販店にいったら格安SIMを購入することはできるのですが、店員はそれほど知りません。店員があまり知らないので、結局のところ自分で調べる力というものが必要になってくるわけです。自分で調べることができる人ならいいですが、そうでない人は結構厳しいかもしれませんね。

なぜ格安SIMで運用が可能なの?

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

一般的な格安SIMというのは、ドコモ、もしくはauの回線を借りて運用しております。

格安SIMというのはその回線を借りることだけしかしていないからです。

ドコモやauはショップの運営や端末の販売なども行っております。

新しいサービスなども開発していく必要があります。MVNO事業者はそのあたりの運営に関しては何もする必要がないのです。

単純に回線を借りているだけなのです。となると回線の原価なんて非常に安価なものということがわかります。

どこの会社も最低維持費は1000円を切っております。当然それでも儲かるわけですから、回線の原価は本当に数百円レベルということがわかりますね。

回線の原価はわかりますが、広告宣伝費などに経費がかかると思いますが、当然ながらその辺も考えて元はとれているわけです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

5月から本当にSIMフリー機種になるの?

各社から発売するスマホはSIMフリーにしなさいという指導が総務省から入っているわけですが、一応このままいけば5月にはSIMフリーの運用が開始されるわけです。

各社5月以降に発売した機種に関しては無料でSIMフリーにする必要があります。

SIMフリーにするということは、他社のSIMを挿すことが可能なわけです。となると結局自社販売した端末が他社で通信費を払われるということになるわけですね。

ただしドコモ、ソフトバンクは同じ電波帯ですが、auに関しては異なるので、auの機種がSIMフリーだからといってドコモの端末で使えるとは限りません。

そのあたりを注意してもらえれば、SIMフリーの機種は他のMVNOで使用することが可能です。

今後はそういうふうになっていくのでしょうね。とりあえず5月は様子見というところでしょうか。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

auの機種もMVNOで利用が可能

2015年9月1日追記

UQ mobileの格安SIM au系のスマホで利用可能 mineoとどう違うの?

auはSIMフリーとはあまり関係ありませんでしたが、今ではMVNOで利用することも可能です。

auの機種もSIMフリーにすることは可能でしたが、残念ながらauの機種はSIMフリーにしてもau系のMVNOでしか使うことが出来ません。

今は各社でSIMフリーにしてくれますが、関係あるのはドコモとソフトバンクです。

ソフトバンクはドコモのMVNOに取られないように必死ですよね。

そんなmineoというMVNOはドコモ回線のMVNOへのMNPなども可能になっております。

ソフトバンクはMVNOを検討

日本通信 ソフトバンク 回線の MVNOを提供 予定 SLA提供予定

ソフトバンク自身もMVNOを検討しているようです。

ソフトバンクのMVNOは非常に興味深いです。

これはドコモの回線が悪い時にソフトバンクの回線を使用するというもののようです。

なかなか斬新な発想です。

いつ頃サービスが開始されるのかは未定ですが、それが実現できれば日本全国ほぼすべての地域で電波が届くようになると思いますね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

オススメの格安スマホ

2015年9月3日追記

オススメの格安スマホを紹介したいと思います。

SIMフリーでオススメ 人気の 機種を紹介 P8liteというHuaweiのスマホ

やはりこの機種はかなり期待して欲しい機種です。安価でありながらオクタコアを採用しHuaweiという中国のメーカーが製造しております。

中国のメーカー?と思うかもしれませんが、次期Nexus6という機種もこのメーカーが製造するようです。

それくらい非常に人気のあるメーカーなのです。

日本では残念ながらそれほど販売実績はありませんが、世界的にみると結構な販売実績があるメーカーなのです。

それくらい有名なメーカーなので、是非オススメしたいと思います。

ちなみに価格.comなどでもかなり上位にいる機種なので、そういうことからも期待感が伺えます。

 

docomo ドコモ au

海外サイトでは9月2日に発表されたばかりの機種もすでに販売

2015年9月3日追記

20150903173931

字が小さくて見にくいかもしれませんが、すでにSIMフリーで発売している機種もあります。

XPERIA Z5シリーズですが、このように海外ではすぐにSIMフリーとして登場するのです。

日本はキャリアにそれなりに縛られているので、うまく販売することが出来ませんが、海外なら何も問題ないということです。

日本のメーカーが海外で先に売り出すという事自体が少しさびしい感じもしますが、海外ではこのようなことが普通に行われているのです。

是非日本でもこのような感じでSIMフリーをもっと推進して欲しいと思いますね。

まだもう少しその時代が来るのには時間がかかると思いますが・・・

NTT系列の経営の格安スマホ

2015年9月5日追記

gooスマホ G03 格安スマホがネットで購入可能 格安SIMを挿して快適ネットライフ

やはりNTT系ということで安心感は買えると思います。この格安スマホも元々は海外のスマホです。

こういうものを購入することで毎月の維持費を安価に抑えることが可能です。

キャリアモデルも悪くありませんが、個人的にはキャリアモデルよりもこのような格安モデルほうがお得だったりするわけです。

それはランニングコストと端末購入代金です。

キャリアモデルのものはハイスペックのものが多いので、基本的には本体代金は高いです。本体代金を抑える為にもこのようなSIMフリーモデルを初めから選択するほうがいいということもあるわけです。

是非検討してみてください。

 

docomo ドコモ au

SIMフリーならAscendMate7もオススメ

2015年9月25日追記

SIMフリー Ascend Mate7 安価で購入可能 ハイスペックモデル

AscendMateという機種を知っていますか?非常にいい機種です。

オクタコアを採用しながら、非常に低価格で販売しております。

正直なところXPERIAなどにも匹敵すると思いますね。

それくらい優秀な機種です。それがこの低価格で購入出来るということは本当にありがたいことですよね。

SIMフリーは低価格化が進む

2015年10月30日追記

SIMフリーの機種は本当に低価格化が進んできております。

ここ最近かなり世の中で知名度を上げているメーカーというのはFREETELというところです。

この会社は日本メーカーになっているので、日本人でも非常に安心して購入することが可能かと思います。

FREETELというと中国っぽいメーカーですが、そこから発売されているスマホは日本人向けのモデルです。

SAMURAI 雅 SIMフリーモデルが 発売中 FREETEL

こちらがそれを紹介しているサイトになります。このサイトのものは雅というモデルで完全に和名が使われております。

そういう意味でも非常に安心して使えるメーカーだと思いませんか?それでいて価格は非常に安価です。

スペック的にもそれほど悪くはないと思います。ここ最近このように非常に低価格化が進んでいるという現状があります。

是非このような安価なモデルを選択するということも悪くはないのではないでしょうか。

格安SIMではないが・・・

2015年12月15日追記

格安SIMという扱いではありませんが、通信無制限でルータが楽しめます。

こちらがそれになりますが、非常に安価だと思いませんか?今なら27000円ものキャッシュバックを受けることが可能になるのです。

それでいて毎月の料金は4000円以下に抑えられております。

今後はルータ+タブレットのような持ち方というのもありではないでしょうか。

格安SIMがウェイトを占めるような世の中にもうそろそろなっていくものと思われますが、そうなった時にはキーワードは通信無制限です。

通信が無制限で出来るようになれば、本当にメリットは大きいと思います。

こちらの機種はWiMAX2+に対応しておりますが、LTE通信に対応しているものもあります。

 

docomo ドコモ au

LTE通信に対応の格安SIMは?

こちらはLTE通信に対応している非常に安価なルータです。

価格はさきほどのWiMAX2+とほぼおなじだと思います。

こちらが完全ドコモのLTEです。

そのあたりの回線品質だけ考えるならLTEのほうがいいのかもしれません。

ここまでの料金までくると格安といわれてもイマイチピンとこないかもしれませんが、やはり格安というジャンルにおいては無制限で通信が出来るという強みはあります。

ここまで安価なら正直なところ光の解約も可能になってくるのです。光回線の解約まで考えるとこちらのほうがお得なのかもしれませんね。

ここ最近私が思うのは通信費の2重化を行っている人が非常に多いと思います。

要するに自宅では光、外出先ではスマホでLTE通信という人です。そういう人は是非自分の契約を見なおしてみてはどうでしょうか?

少しくらいは通信費の見直しになると思います。

違約金なしもいい

実はイオンSIMというのは違約金が発生しません。

違約金発生なし 格安SIM MVNOで安価な携帯ライフを

こちらにそのことを触れておりますが、やはり違約金がないということは本当にありがたいことではないでしょうか。

違約金はやはりいつでも解約出来ないといういわゆる縛られているのです。

縛りがないことは本当にありがたいと思いませんか?今後格安SIMが世の中にどんどん出てくると思われますが、違約金というのが今後のネックになると思います。

違約金がないというだけでかなり有利だということですね。有利な契約をしたいのであれば、違約金なしの会社を選択すべきですね。

そういう意味ではイオンモバイルはオススメしたいところです。

SIMフリー制度

キャリアのSIMフリー制度を利用した人もかなりいると思います。

単純なSIMフリーなら日本国内で利用するならあまりメリットが感じられませんが、やはり海外への渡航時にはかなりのメリットがあります。

海外SIMを利用することが可能だからです。

海外でSIMを購入してそれを使うことが可能なのです。そういう使い方ができればSIMフリーでもメリットはかなりあると思います。

これくらい安価に発売されているSIMフリーモデルもあるのです。こちらはタブレットですが、かなり安価だと思いませんか?

かなりお得なことは間違いないと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

SIMフリーを販売していることも

こちらでSIMフリーを発売していることもあります。

ここは有名なイオンです。現在イオンモバイルというブランドでSIMフリーのスマホを発売しております。

SIMフリーがここまで認知されてくるとこのようなイオンでも購入してみてはいかがでしょうか。

本当に悪くないと思いますね。個人的にもイオンは非常にいいと思います。是非オススメしたいところです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

SIMフリーは一般的になってきた

SIMフリーの機種というのはかなり一般的になってきました。

SIMフリーという言葉も理解している人がかなり増えてきましたよね。

今ならiPhone6sもSIMフリーにすることも出来るので、中古のiPhone6sも人気が出てきました。

それでもSIMフリー機種というのは、安いというイメージがありませんか?

実はSIMフリー機種というのは安くはありません。

確かに市場に出ているものは安いものが多いです。それはあくまでキャリアモデルとの差別化で安くしているのです。

SIMフリーモデルでも高いモデルもあるのです。

まだこれは日本未発表の機種です。このようにフラッグシップモデルなどは確実に高いです。

このようにSIMフリーといえども高い機種もあるのです。

すべての機種が安いというわけではないのです。

それでも安いSIMフリーモデルもかなりたくさんあるので、安いものが好きな人はそちらを選択するほうがいいと思いますね。

このように1万円をきっているものもあるのです。これでいい人ならこういうものを検討して欲しいと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

格安SIMのメリットを語るのは難しい

2016年7月20日追記

昼休み時間中は遅くなることが多いのです。

格安SIM MVNOの通信速度が昼休みに極端に遅い 安いからなの?

こちらの記事にそのことを記載しておりますが、ランチタイムに一人で携帯を触っている人多いと思います。そういう人は注意が必要ですね。

そういう人は極端に通信速度が遅くなるのが12時半からです。この時間帯からは間違いなく通信速度が定価すると思われます。

通信速度が低下するということは、当然ながらそれがストレスになるわけです。そのストレスに耐えられる人ならいいと思いますが、ストレスに耐えられない人のほうが多いのではないでしょうか。

そういう人はやはりキャリアと契約し続けるほうがいいと思います。

実際に使ってない人からするとどれくらい遅いのか?ということは想像もできないことかと思いますが、結構遅いです。

12時半から13時までは基本的に使えないと思っておいてもいいと思います。とはいうもののそれも日によってや場所によってまちまちなので、絶対にそうかといわれるとそうではありませんが、私の利用している環境ではこの時間帯は使わないようにしています。

使わないようにしているというか使えないから使っていないのですが・・・それが一番のネックだと思います。それがなければ結構使えると思いますね。

それでもこれからMVNOの市場はまだまだ伸びるといわれております。やはりその理由は価格にあります。価格が安価なので、使いたいと思う人が多いのです。そうなればドコモユーザーの通信速度は若干ながら快適に使えると思いますが、いかがでしょうか?

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

海外からのハイスペックスマホも日本市場でどうなるか

2016年7月29日追記

まだ一部の人しか使ったりはしていないと思いますが、日本市場で海外からのスマホというものはどんどん入ってきております。

Elephone S3 4G Smartphoneというスマホも海外製のスマホです。こちらのスマホというのは、日本ではあまりメジャーではありませんが、中国では価格も安く結構いいスマホとして評判は上々です。

この価格でありながらオクタコアを搭載し、非常にいいスマホとして仕上がっていることは間違いありません。このようなものが日本市場で普通に販売されるとなると確実にそちらのほうに流れていくと思われます。現在日本市場もグローバル化されてきており、海外からのスマホがかなりたくさん入ってくるようになりました。

特にいまは円高になりつつあり、価格も少し前に比べると少し安くなってきているのではないでしょうか。そういう意味では海外からの輸入に関しては当然ながら好調になります。いわゆる輸出企業は低迷する中、海外からの製品が円高の影響により安く手に入れることができるということは、円高のメリットを享受していることになります。

中国からハイスペックスマホ レビュー 評価 評判 日本での購入可能こちらの機種なんかも実はかなりいい機種になっております。価格も日本メーカーが製造すれば、5万円程度するような機種に関しても3万円以内に購入可能ということです。実際は2万ちょっとで購入することも可能になっているのです。

それくらい安価なものになっているのです。個人的には結構安価なので、結構お得だと思います。これから日本市場ではこのような海外スマホも発売されてくると思われます。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

とくとくBBが非常に安い

2016年8月17日追記

GMOとくとくBBという新しくでた後発の格安SIM会社知っていますか?

こちらのGMOとくとくBBが今かなり安価でかなり熱いです。

GMOのとくとくBB 格安SIMで通信費を抑える 今一番安いプラン

こちらGMOとくとくBBに触れている記事ですが、かなり安価に持つことが可能になっております。

実は他の会社よりも永年割引を使うことができれば、数百円安くなるのです。

よって2年間の維持費だけでいうとかなりお得に維持することが可能なのです。

端末代金に関しては格安スマホを利用すれば、かなり抑えることが可能です。

価格を抑えて、格安SIMを使うことができれば、1ヶ月端末代金とあわしたところで、2000円ちょっとくらいで所持することが可能です。

キャリアモデルでそういうわけには行きません。

今一番熱いSIMがGMOとくとくBBのSIMであることは間違いないでしょう。

といっても他社ですでに格安SIMを使っている人は乗り換えるほどではないかもしれませんけどね。

少なくともキャリアから乗り換えようと考えている人にとってはこのGMOとくとくBBは非常におすすめしたいSIMであることは間違いありません。

永年割というキャンペーンでずっと安価に利用できることもかなりのメリットかと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

海外サイトが熱い

現在海外サイトではかなりの割引施策を実施しています。

海外サイトセール 日本郵便での宅配がOK 送料無料 ASUS ZenFone 2などが激安販売中

こちらの海外サイトですが、割引施策をしており、相当お得に購入することが可能なのです。

ちなみに日本でこれらの機種を購入するとなると1.5倍から2倍程度払う必要があります。

実際のところこれらの海外サイトからの購入というのは若干敷居は高いですが、それでもこちらのサイトを利用することでかなり安価に購入することが可能になっていると思います。

どうせ買うなら安く抑えたいですよね。しかも今はこちらは送料無料です。送料無料で海外から購入することが可能なのです。

間違いなくお得なので、ぜひ検討してほしいですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

安価なファブレット

2016-08-23追記

ここ最近ファブレットというのが新たな人気であることは間違いありません。

Cubot Max 4G Phablet 海外サイトで安価に購入可能 6インチ SIMフリー

こちらの製品ですが、Cubot Max 4G Phabletという製品になっております。このような製品というのは、あまりなかったのではないでしょうか。

日本で購入するとおそらく3万円ほどはすると思われます。それくらいのスペックを持ったものが本当に安価に発売されているのです。

海外サイトを通じて購入することができれば本当にお得に購入可能となっております。

スペック的にもこの機種はそれほど悪くはないと思います。

まだこれからの製品なわけですが、今後も海外製品に関してかなり紹介していきたいと思っております。

なかなか海外製品を目にする機会というのは、ない人が多いでしょう。

Cubot Max 4G Phabletこちらのリンク先から購入サイトに飛んで行くと結構すぐに購入は可能です。

一度確認してもらえるといいと思いますね。とにかくファブレットがあれば、かなりいいと思います。とにかく寝る前やトイレなど活躍できる場所というのはかなりあると思われます。

これを機にファブレットに移行してみるのはどうでしょうか?

初回投稿日:2015年4月14日