宝塚 大劇場に行ってきた 携帯電波が入らない 明日海りお 主演を見てきた

このサイトに来る人は宝塚などどうでもいい人も多いと思いますが、初宝塚に行ってきました。

どんなところなのか写真も掲載したいところですが、記事にする予定もなかったので、一切写真は撮っておりません。

なぜそれでは記事にするのか?ということですが、宝塚大劇場では携帯の電波が一切入りません。

通信機能抑止装置というものが付いているのですね。中に入ると携帯の電波は圏外もしくは電波が1本くらいしかたたない状態になります。

通信抑制というものを導入しているのはなかなか面白いですね。

この通信抑制装置というのは実は日本でも色々な劇場に入っているのです。

やはり劇を見ている時に携帯がなると気分悪いですからね・・・

せっかくなので、どのようなものを見てきたのか紹介しましょう。


素人の私でも楽しめる

宝塚は演目+ショーの2構成が一般的に多いようです。

演目で楽しめなくてもショーで楽しめるという構成になっているようです。

そして宝塚大階段って聞いたことありませんか?多分みたらわかると思いますが、オオトリで出てくる階段ですね。

最後はそれで終わりでした。

今回の演目は『カリスタの海に抱かれて』というものした。

見たことのない人もいると思いますので、ストーリーはここには書きませんが、初めて見た私でも十分楽しめる内容でしたね。

それにしても男役の人達がかっこいいという女性の気持ちがわかったような気がします。

あまり男の人は見ている人の中にもいませんでしたが、意外と男でも楽しめると思いますね。

とにかくショーは面白い!オペラグラス必須ですね!

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2015/calista/index.html

こちらが公式サイトです。一度確認してもらえればと思います。

初宝塚でしたが、また行きたいと思いましたね。

今度は大きな双眼鏡を持っていかないと!と思ったくらいです。

双眼鏡で見るとやはり、表情がよく見えるので、感情移入しやすいですね。私自身は本当にこのような演劇には興味ありませんでしたが、話のストーリーのわかりやすいものなら小学生くらいからでも十分楽しめると思いますね。

元々興味ありませんでしたが、今回はじめていって、興味のないことでもはじめの一歩は大事だと痛感させられた一日でした。

また行こうかと目論んでいるところです。

5月の宝塚の公演は?

『1789 -バスティーユの恋人たち-』というものをやっております。

https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2015/1789/index.html

こちらが公式サイトです。

宝塚の人気はすごく、週末はなかなか取れません。

狙い目は平日でしょうが、公演が始まるもっと前から取る人も多く、千秋楽などになると残念ながらだふ屋から購入するしか方法がないなんてことも普通に考えられるのです。

最近だふ屋に対して色々な規制をもうけようとしているのですが、なかなか難しいですね。

みんなが欲しいチケットがだふ屋がいる為に無理なんてこともしばしばです。

もっと公平にしてほしいですね。

初回投稿日:2015年4月19日

ツールバーへスキップ