円安が続けば、今後日本の携帯端末価格が高騰することは間違いなし

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

円安の話にも触れていますが、円安ということを理解していますか?

円が安いということは、実は儲かっているように見える企業もありますが、国際競争力としては日本の円が強くない状態を表しています。

どういうことかというと、投資家が円を購入しなくなってきたので、円が売られて、円が安くなるわけですね。

いわゆる円相場というのは、残念ながら株などと同じような働きをしているわけです。

日本は昔から輸出の国といわれておりました。

本当に輸出の国なのでしょうか?個人的には今はそうは思いません。

日本は輸入の国なのです。日本には資源が少ないので、海外から資源を調達することが非常に増えました。

乳製品や小麦やあらゆる食料品は海外に頼っているのです。

海外から仕入れるということは、日本の円が安いということは、日本人の財布にはありがたくありません。

そもそも国際的に円の競争力がなくなったわけです。円が100円の時に海外旅行に行くのと円が120円の時に海外旅行いくのとでは、まったく違います。

わかりやすく1ドルが100円で交換出来るときと1ドルが200円で交換出来る時を考えてみましょう。

ハンバーガーが1ドルだったとします。

1ドルが100円の時なら100円でハンバーガーが購入出来ますが、1ドル200円ならハンバーガーが200円します。

それが円安なのです。

となると海外で100ドルで販売している端末が円安だと20000円するわけですね。

円が100円だと1万円で購入出来るわけです。

基本的に海外で生産していることが多いので、日本には端末は輸入されてくるわけですね。

そうなれば端末価格は高騰することはわかると思います。今後端末価格の高騰がなければいいのですが・・・と思う今日このごろですね。