中国人が好きなのはiPhone6 Plusのゴールド かなりの人気機種

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

中国人にiPhone6 Plusのゴールドがかなり人気のようです。

日本でもかなり高額な買取をしてもらえますね。

それのほとんどが中国に売られているということは驚きですが、お国柄でしょう。

町中を歩いていても中国人はiPhoneを持っている率はかなり高いですね。

なぜ中国ではそれほどiPhoneが人気があるのでしょうか。

恐らく日本と同様にアメリカへのあこがれもあると思います。

逆に反日感情などがあるので、日本製はそれほど見向きもされません。

日本に来ている中国人は日本製は大好きですが、そうでない中国に住んでいる中国人は本当にアメリカが好きですね。

まさに戦後の日本のようです。その為に中国ではiPhoneが売れるのです。しかしながら日本で販売されているiPhoneというのはSIMロックがかかっています。

それをわざわざ解除して使うわけですね。そういったところはさすが中国といったところです。

日本で販売されているiPhone6Plusなら6万円以上で売却も可能なのです。

日本人にとっても6万円というとかなりの大金ですよね。だから日本でも転売する人がかなり多いのは事実です。

iPhoneは中国ではいわゆる定価でしか販売していないので、iPhone6Plusなら10万程度するわけです。

それが仮に8万円でも売れたら本当にお得なわけですね。すこし残念な感じがしますが、中国で人気があり、日本では安価に購入出来るのでしかたないでしょう。

まだこのようなことが少しは続くと思いますね。

中国はなぜ金色が好きなのか

中国はやはり現金より現物資産にこだわる人が多いからですね。

金色というのは金のイメージが強く、金を現物資産として持っている家も結構あります。

やはり金色というイメージはかなり強く色としても最も派手な色なので、中国人は好むのです。

日本でも金色といえば昔は奇抜でしたが、当時携帯電話が出始めた時101ハイパーでしたかね?名前忘れました。その頃にも金色のモデルが発売されて売れたのを記憶しております。

そんなことを書くと私の年齢がバレてしまいそうですが・・・

とにかく当時の日本も金色が好きでしたね。

今の中国がそんな感じなのかもしれません。

初回投稿日:2015年4月10日