VaioPhone バイオフォンは全然売れない スペックの割に価格も高く

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

日本通信がVaioとセットでスマホを販売しておりますが、全然売れていないとのことです。

この機種のスペックは実はそれほど高くなく、むしろいまの現状から考えると結構低めのスペックが設定されております。

51840円と5万円を超える価格で発売されております。

5万円といえば、中古の白ロムの価格から考えてもそれなりのスペックのものを購入することが可能なのです。

そういう意味では非常に強気な価格設定になっております。

またネットなどの情報でも、価格の割にスペックがイマイチなどと書かれていることも非常に多いことが原因なのかもしれません。

Vaioという名前でスマホを発売するのは日本では初めてのことですが、この名前の設定も少しよくなかったのではないでしょうか。

Vaioという名前だけ先行してVaioのパソコンを使っている人なら購入するかもしれませんが、それ以外の人はVaioという名前が何かすらあまりわかっていないようにも思います。

現在ガラケーユーザーなどを対象にしていると思いますが、イオンにふらっと訪れた人は、いきなりスマホに5万円も払うでしょうか。

SIMは格安SIMとして発売しておりますが、トータルで見た時の中身がそろっておらず、ちょっとこれでは厳しいかもしれませんね。

もう少しVaioPhoneには価格の面でがんばってもらいたいところです。