電波改善機器 フェムトセルを自宅に設置 電波法の違反の可能性も

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

電波改善機器というものがあるのをご存知ですか?

これはドコモ、au、ソフトバンクなどで、どうしても自宅の電波が入らないという人がサポートに問い合わせると、自宅にまで電波改善の為の調査をしてくれます。

どうしても電波が改善されない場合はフェムトセルの設置を提案されます。

このフェムトセルというのはいわゆるブースターと思ってもらえばいいと思います。届く範囲は数十メートルですが、電波が届きにくい場所に設置し、これにより電波の改善をはかるというものです。

このフェムトセルの設置に関しては総務省に届け出を出す必要になります。電波を出すものなので、自治体も把握する必要があるということです。

非常に便利だと思いませんか?

電波が改善されるなら是非導入したい!と思う人も多いと思いますが、実はそれだけではありません。

電波を出すものなので、実は電源を落とすことも出来ないのです。

これかなり痛くないですか?電源を落とすと電波が当然ながらその時に発生しなくなります。

実はこれが電波法違反になるわけです。

それ以外でも蓋をあけたり、改造したりするとすべて電波法違反になるわけですね。

自宅に設置した場合レイアウト変更でも?

レイアウト変更をするときに一時的にフェムトセルのコンセントを抜いても実は電波法に違反します。

となると知らない間にコンセントから抜けていたなんてことでも電波法違反になるわけです。

恐ろしいものだと思いまえんか?法律違反になる可能性のものが自宅におかれるなんて・・・

と思っても実際にはその程度で、電波法違反になることは基本的には「ない」と判断されると思います。

ただし継続的に電源を切っていると非常に問題があるわけです。

よって継続的に電波を切る状態になる前に解除手続きが必要になってくるわけです。

色々な意味で結構面倒なのがこのフェムトセルなのです。出来ることなら設置はしたくないですよね。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加