Appleの新特許で 何もないところを叩くキーボード 振動でタッチ感を出す

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

Appleが新特許をとったようです。

何もないところを叩くとキーボードが振動して、キーボードを押した感じになるというのです。

ki-bo-do

こんなキーボードがのっぺりした形になると予想されるわけです。

MacBookAirなどはただの薄っぺらいキーボードだけが付いているようになるのでしょうか?

これができれば、かなりの薄型でもOKだと思います。

今は物理キーボードが付いている場合は当然ながら、数ミリは出てきます。MacBookAirはかなり薄いですが、現状のものよりもかなり薄くなることが予想されるわけですね。

このような面白い技術ができれば、本当に楽しいと思いますね。

押した時の振動で押した感を得られるというのも非常に面白いと思います。

今後はトラックパッドだけのキーボードが出てくると予想されますが、やはり薄型も大事かもしれませんが、キーボードは完全なるユーザーインターフェイスです。

このユーザーインターフェイスが気に入って購入している人も非常に多いわけです。

私は普段MacBookAirですが、Windowsも仕事上使用します。Windowsはデスクトップが基本ですが、やはりキーボードはしょぼいというしかありません。(キーボードだけ買い換えれば済む話ですが・・・)

ということで、今後のAppleにはまだまだかなり期待出来そうです。本当に面白い製品を出して来て欲しいですね。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加