格安SIMフリー スマホと格安MVNO キャリアはそっぽを向かれる可能性大

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

格安SIMフリースマホというと中国製をイメージする人も多いと思いますが、最近の中国製のスマートフォンはかなり出来はいいです。

どう出来がいいのか?ということですが、2018年頃には韓国のスマホの市場を中国が奪うとも言われています。

中国優位

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

あれだけSamsung優位の韓国でさえ中国は脅威に感じているのです。

それくらい中国の技術は向上しているわけです。

まずは端末のスペックからですが、日本の1年ほど前のモデルと同じくらいの性能ですが、価格は3万円程度に抑えられています。

日本製の機種は高いので、1年ほど前に発売された機種でも新品を購入すれば、3万円以下で購入出来るということはあまりありません。

一部不人気機種だった場合は購入することも可能ですが、基本的には結構いい値段になります。

今後SIMフリーという言葉が日本にもっと浸透すれば、結局興味を持つ人が増えるわけです。

かなりキャリアとしては危ぶまれるわけです。

しかしドコモは大量のMVNOを提供している大本になっているので、実はドコモはびっくりするほど痛いというわけではありません。

一番痛いのはソフトバンクです。

現在MVNOのシェアは全体の10%ほどと言われていますが、全体の契約の10%はドコモのMVNOと考えてもいいと思います。

そうなれば、この割合が20%になったところで、それはドコモ経由の契約なわけです。

ソフトバンクは低価格路線に見せながらかなり高額な維持費をとっています。

ソフトバンクの顧客がMVNOに流れる可能性が非常に高いのです。

ソフトバンクにしてみたらMVNOはかなりの脅威になることは間違いありません。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

2016年にはいって

2016年1月30日追記

2016年にはいって、さらにMVNOが注目されつつあります。

携帯電話業界は安価なプランが出てきており、残念ながら小容量ならMVNOに近づいてきているのです。

MVNOの中でもかなり競争が激しいのですが、小容量ならキャリアでもいいと考える人が増えてくるのではないでしょうか。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ドコモがシェアで低価格を発表

ドコモがシェアパックで低価格プランを出してきました。

シェアなら使う人と使わない人がいる場合でも均等に使えるのが魅力的なプランです。

ドコモ シェアパック5 発表 家族向け 料金改定で安くスマホが持てる

これではMVNOとしては結構つらい可能性が高いと思います。

今後はますますMVNOが増えると思いきや、これくらいの価格ならドコモでいいと思う人もいるのではないでしょうか。

初回投稿日:2014年11月18日

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA