廉価版のiPhone6s iPhone6c?が発売される予定 インテルのチップセットよりリーク?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

iPhone5cでAppleは失敗したとある意味認めておりましたが、実はAppleはまた安価なiPhoneの発売を検討しているようです。

情報元はventurebeatとなっておりますが、2016年に発売されるiPhoneはアジア及び南アメリカのみでの販売になるようです。

そのときに廉価版モデルの発売となっているようです。

なぜこのことがわかったのか?ということですが、インテル製の7360LTEというモデムを採用する計画になっているということです。

このインテル製の7360LTEというのは450Mbpsの通信が可能で、29バンドのLTEバンド帯をサポートしております。

2015年の後半から量産体制に入るとのことです。

iPhoneとインテルで通信部分の共同開発も進めているとのことのようです。

通信部分に関してはQualcommからインテルへモデムチップを入れ替える可能性もあるということです。

Macでもインテルへ移行し、iPhoneでもインテルとなれば、Appleからすれば、2社購買という観点からするとずれてしまうかもしれませんが、インテルはかなりいい提案をした可能性が高いということですね。

実際に使う人にとっては内部的なチップセットなどは何を使っていてもいいわけですが、Qualcommといえば、日本で発売しているスマホにはほとんど搭載されているメーカーです。

非常にいいメーカーではありますが、Appleという巨大な顧客を失ってしまってはQualcommとしてもかなり厳しいと思いますね。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加