iPhone6からiPhone6s iPhone7へはどのように進化するのか?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

iPhone6が発売されてからまもなく半年が経ちますが、iPhone6sの情報も結構世の中には出てきております。

iPhone6でも画面サイズのアップや容量アップなどの進化をしてきました。

一応iPhone6sでは画面サイズの進化はなさそうです。

しかしながらいわゆるiPhone6の次アップグレード版という位置づけなので、それなりにスペックが向上する予定です。

CPUは

A8からA9へと進化します。クロック数の向上がメインのバージョンアップですね。

クロックアップといいながらも、デュアルコアというAndroidでは考えられない性能を持っています。

クアッドコアにしない理由はデュアルコアでも十分動作させることが可能だからということです。

ある意味そのあたりの進化を止めて、デュアルコアままということがすごいですね。クアッドコアに上げることも簡単なことだと思いますが、デュアルコアでこの動作速度を実現しているiPhoneは本当にすごいところです。

RAMの容量がアップ

RAM容量が2GBへアップします。現行では1GBなので、2倍の性能になるわけですが、恐らく動作速度的には1GBでもまだ十分だったのではないでしょうか。

しかしながらiPadAir2などが2GBにしたことから対応したほうがいいと判断した可能性がありますね。

新色が追加

iPhone6s /Plus iPhone7で新色ローズゴールドが追加?

新色が追加される可能性があります。

iPhone6s /Plusに新色のピンクが登場予定 2GBのRAMは確定

ローズゴールドにピンクです。ひょっとするとブルーなんかも登場する可能性がありますね。今のところ不明点も多いですが、新色が追加される可能性があります。

感圧センサー搭載

iPhone6s /Plus に搭載される予定の Force Touch機能がすごい

これはまさに進化ですね。感圧センサーが追加される予定です。

このセンサーは他の機器への応用も考えられ、これからApple製品の主軸になっていくのではないでしょうか。

これにより、AndroidにはないAppleの世界観が生まれる可能性もありますね。

この感圧センサーは本当にすごいと思います。

これらが現在出ている情報をまとめて進化する予定の機能です。

今後もまた情報が色々出てくると思います。みんなが大好きなiPhoneです。日本の半数近くがiPhone所持者です。

是非次に発売されるiPhone6sもしくはiPhone7には期待したいところですね。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加