MNPで儲けるのはもう難しい 転出より解約がオススメか

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

MNPをやりまくって、儲けようと思っている人も多いですが、もうそろそろ案件も限界にきています。

まずはドコモの端末購入サポートという仕組み。これにより、実質MNPで儲けることがほぼ出来なくなりました。

ドコモ 端末購入サポート適用範囲拡大でMNP一括0円 キャッシュバック案件が加速

それとソフトバンクにも同様の仕組みがあり、iPhone6では適用されておりませんが、iPhone5sなどでは半年以内の解約で違約金が2万円ほどかかるという施策も行っております。

ドコモ及びソフトバンクは半年以上はある一定の料金を毎月納める必要があり、儲けることはかなり厳しくなってきたわけです。

auはというと、auはMNPでの転入の時にはまだ施策としては特にありません。

それならauにいけばいいんじゃないの?と思う人も多いと思いますが、auにMNPで転入すると残りいけるのは、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルとなるわけです。

ワイモバイルは維持費が安いですが、MNPでも販売している機種はほぼ実質価格での販売となっているのです。となると行き場がなくなるわけですね。

そう考えるとauで寝かせてauで解約するというのが一番お得ではないかと思います。

すべてが使うことを前提に考えた契約であれば、問題ありませんが、使わないことを考える契約では正直なところもう儲けることは難しいでしょう。

仮に儲かったところで、ほんのすこしだけです。以前はMNPキャッシュバックで本体売却で結構儲けることが可能でしたが、今では毎月5万すら儲けることは難しくなりました。

やはり使う機種を除いて、純解約をしていくしかないのではないでしょうか。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加