Android5.1 ロリポップでもメモリリーク発生 Googleがアップデート予定

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

5.1

Android5.1が解禁になりましたが、Android5.1でもメモリリークの問題が発生しているようです。

Android5.0をリリースした直後にもメモリリーク問題が多数報告されておりました。

メモリリーク問題

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

メモリリークが起きると基本的には動作速度を非常に遅くなり、再起動でのみの回避策となるわけです。

日本ではNexus5に適用された人が多かったわけですが、この問題により、定期的に再起動を余儀なくされた人も多いのではないでしょうか。

このAndroid5.1ですが、システムだけでかなりのメモリを食うことがわかってきているようです。

本番リリース後に見つかるということは、非常に残念なことですが、Googleはすでにこの問題を把握しており、すでに改修済みとのこと。

となるとAndroid5.1.1のリリースが待たれるわけですね。

Android5.1が適用され初めてからすぐに出来事なので、非常に残念なことですが、Android5.1.1の発表を待ちたいところです。

ちなみに日本ではNexus5とNexus6以外でまだAndroid5.0を適用させている端末は非常に少なく、問題になっている人も非常に少ないと推測されます。

Android5.0が発表されてから結構な不具合に見舞われているGoogleですが、もう少しテストを行ってから本番リリースしてもらいたいものですね。

日本で発売される頃のAndroid5.0では改修されていると思いますので、安心してください。

それでも恐らく夏モデルくらいからAndroid5.0以上の端末が発売されると思いますが、バグの改修は各メーカーで行っていますが、独自の味付けで、別の不具合も多くでそうですね。

どちらかというとそちらが心配です。

参照元:code.google

メモリリークはちょっとしたことで起きる

2016年1月28日追記

メモリリークというのはちょっとしたことで起きるようなものです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

実はものメモリの開放というのは結構難しいということなのでしょう。

またこのメモリリークを採用しているバージョンの機種は2015年後半から2016年前半にかけて発売される機種なのです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

XPERIAシリーズでも

XPERIAシリーズの最新モデルはAndroid5.1を採用しているのです。

ということは、最新機種をもったところで、このメモリリーク問題というものを完全に払拭出来ているのか?というとそういうことではないようです。

よってXPERIAなどの最新機種を所持していたところで、再起動の措置が必要となるのです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

再起動で基本的に改善

再起動を行うと基本的にメモリの開放を一旦リセットするので、改善することは非常に多くなります。

メモリリーク問題がおきると動作が不安定になり、落ちることも普通に考えられます。

メモリリークは起きないに越したことはありませんが、コンピュータを利用しているとある程度発生はしてしまうのです。

コンピュータを定期的に再起動するというのもその為なのです。

最新のXPERIAを持ったからといってそのあたりはコンピュータなので、定期的に再起動してあげてください。

初回投稿日:2015年3月16日