iPhone6 /Plusの容量はどれを購入すればいいのか オススメ容量は?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

iPhone6をこれから購入しようとしている人も多いと思いますが、容量はどの容量を購入していいのかわかりません。

という質問をよくうけます。

まずはiPhone6の容量ですが、16GB、64GB、128GBの3種類の容量があります。

一体どれにすればいいの?とよく質問を受けます。

価格重視なら

価格重視なら当然ながら16GBです。16GBでもとりあえずiPhoneとしては機能します。

まったく問題ありません。ちなみにiPhone6として機能させるだけなら16GBでも十分なのです。

容量アップで何をするの?という人及びお金がない!という人は16GBで十分です。

ひと通りのアプリはインストール出来ますし、音楽に関しても数百の音楽は入れることが出来ます。

しかしながら16GBといっても、システムが使用している容量も入れて16GBなので、実際は10GB前後しか使えないことを覚えておきましょう。

巨大なアプリをダウンロードすると、他の大事なアプリを入れることが出来ないなんてことにもなるかもしれませんね。

容量重視なら

128GBといいたいところですが、実は64GBで十分です。システムが専有している部分を覗いてもフリーで55GBほど使えるわけです。

逆に128GBって何を入れるの?といいたいところですね。当然ながら後から容量を増やすことが出来ないので、あれば便利なことはわかりますが、128GBの容量すべてを埋めてしまうほどのアプリをインストールすることやビデオをインストールするには結局無駄な容量をかなり食っているということではないでしょうか。

よって今回のiPhoneは16GBか64GBの2択で問題ないと思いますね。

容量重視でも128GBは不要だと思います。

それこそ今まで64GBを使っていて足らない人や、128GBでないとどうしてもイヤという人以外は64GBを選択することが一番無難ですね。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加