ソフトバンク BLADE Q+ プリペイドに対応したスマホを発表 スペックは?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

ソフトバンクは BLADE Q+というZTE製のプリペイドに対応したスマホを発表しました。

bladeq_4

プリペイドに対応するスマホというのは非常に画期的な試みですね。

プリペイドは「シンプルスタイル」と呼ばれるプリペイドサービスに対応したものです。

発売は4月以降となり、価格は2万円前後で、プリペイドのチャージが1万円付く予定です。要するに実質1万円でこの機種が購入出来るわけいですね。

それではスペックですが、画面サイズは4.5インチのVGA解像度となっております。854×480ですね。

これくらいの解像度の機種といえば、ほぼ3年ほど前の機種が標準で搭載していた解像度となります。

CPUはSnapdragon 410のクアッドコア 1.2GHzです。このあたりなら格安スマホになら搭載されているCPUですね。

RAMは1GBでROMは8GBです。Androidのバージョンは4.4.4となっております。

2万円で購入出来るなら一般的なスペックではないでしょうか。

またこの機種は手数料を払うことでSIMロック解除させることも可能で、そうなると海外などでも使えるということです。(海外SIM装着時)

シンプルスタイルのまま海外で使うことは出来ません。

もちろん日本ではMVNOとして使うことも可能です。

単純に機能を絞ることにより、初めてスマホを持つ人にもプリペイドという方式で安心につかってもらえるということを目指して作っている機種だと思いますね。

これなら非常に安く持つことも可能なので、遊びで1つくらい持っていてもいいのかもしれません。

また在庫処分となって8月頃には1万円ほどで購入出来るようにもなるかもしれませんね。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加