ドコモ ブラックリスト 短期解約 再契約出来なくなる条件は? MNPを繰り返し行い過ぎると?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

ドコモのブラックリスト入りの条件をお伝えしたいと思います。

ドコモに契約しようと思ったが契約が出来ないということを割ける為にやはり注意すべき事項があるわけです。

注意していても契約出来ないということはしばしばあるようですね。

何故契約させてくれないの?

ドコモに契約をしにいっても契約させてくれないのは何故でしょう?

まずはドコモにとって優良顧客ではないと判断されたからです。

優良顧客とはなんでしょう?当然ながらドコモの回線を使い かつ料金の支払いを滞り無く支払ってくれるお客様なのです。

この条件を満たすことが出来れば当然ながら契約は可能になるわけですね。

契約出来なくなる可能性のある条件は?

・他社に未納がある。
・過去にドコモの機種を短期解約した痕跡がある。

主な条件はこの2点です。それでは短期解約したということはどういうことでしょう?今のところ基準は90日と言われております。

90日以内に解約したお客様は短期解約したという扱いになるわけです。しかしながら1度くらいの短期解約なら問題ありません。(多分)

何度か繰り返している人なら問題があると判断される可能性があるわけですね。

もしブラック入りして契約出来なかった場合は?

時期を改めて契約しなおすしかないと思います。

他社に未納がある場合はすぐに支払うべきです。この未納に関してはなくなるまで契約出来ません。

未納情報は各社裏で信用情報として繋がっているので、自社で未納がなくても他社での未納を見ることが可能なのです。

よって、この未納情報というのは各社共通情報ということなので、絶対に他社の未納だけはクリアにしてください。ここがクリアにされないと、永久に契約出来ません。

一応ブラックが解除されることを喪があけるといいますが、90日〜180日くらいは契約出来ないと思いますね。

人によって条件は異なると思いますので、また再度審査を通してみないとわかりません。

ドコモではMNP施策が強化

知っている人も多いと思いますが、ドコモではMNP施策が強化されております。

MNPが封じられて 各社短期解約時の違約金を増額予定? これって違法では?

この施策により、実質的にMNPをした時に短期解約がしにくくなりました。

よって短期解約しないのであれば、ドコモではブラックリストになる可能性がひくくなったわけですね。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加