SamsungがiPhone6s用のLPDDR4規格のDRAMを提供 処理はさらに高速に

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

実はこれはかなりのビックニュースなのです。

RAMの容量などは意識している人も多いと思いますが、転送速度省エネ性能などを意識している人はそれほど多くないと思います。

LPDDR4はかなり低電力で動作するDRAMになっており、かなり省エネの効果が現れると思います。

Low Power Double Data Rate 4の略がLPDDR4となっております。

実はそこまで知る必要は無いと言われるかもしれませんが、2015年はどんどんRAMの規格が最新に変わっていくものと思われます。

まだこの規格は昨年出来たばかりなので、一応最新式のRAMを搭載するということです。iPhone6には搭載されておりませんので、内部的にはかなり画期的な仕様変更ということになるわけです。

新しい規格が取り込まれるということは消費者には見えませんが、技術者目線からいくと非常に面白いことなわけですね。

またこのRAMの採用により、カメラも高速化されると言われております。

今でも十分早いのにまだ早くなるの?と思うかも知れませんが、それが技術の革新というものです。

一般大衆にはあまり見えないこういった裏の技術革新ですが、明らかに恩恵を受けますので、少しくらいは知っているといいと思いますね。

iPhone6に比べてメモリの容量も2GBになると言われているiPhone6sですが、発表が待たれるところです。

それにしても今のところ春頃に発表との情報もありますが、実際はどうなのでしょうね?

引用元:The Korea Times

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加