2016年 ドコモ au ソフトバンクのキャッシュバック MNP 乗換を予想する

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

2016年といっても後10ヶ月後の話です。

10ヶ月後というと結構遠いようで、実はそうでもありません。

2015年の大きなイベントは?

2015年はこれからどのような大きなイベントがあるでしょう?

機種自体に関しては、SIMフリー化が進んでいるので、キャリアにとらわれることなく契約が出来るようになっていると思います。

端末のオクタコア化が進みます。

低価格SIMフリーPhoneがかなりのシェアを占めてくると思います。

VAIOのスマホやXPERIAの廉価版モデルの発売。

今までにはなかったような施策がどんどん出てくることは間違いありません。

MVNOは元々それほど高くないので、高額キャッシュバックなどは行わないと思いますが、当然ながら端末を割引くなどの施策は行ってくると思います。

キャリアはそれにどう立ち向かうのか?

特に厳しいのはauとドコモです。この2社はかなり苦戦を強いられると思います。

といってもドコモの場合は自社回線を使ったMVNO回線も自社回線に計上出来るので、MVNOに流れたとしてもそれなりの利益は確保出来ます。

auに関しては残念ながらそこまでの利益は確保出来ないのではないでしょうか。

auのMVNOとしてはUQとmintoです。この2つのMVNOをどう考えるかですが、そもそもauの通信回線で使えるSIMフリーの機種自体もかなり少ないのです。

SIMフリーがたくさん出てきたところで、この2社と契約出来る端末はそれほど多くないわけですね。

実はソフトバンクが最も安泰

ソフトバンクはMVNOを今のところ出してくるつもりはなさそうです。

しかしながらSIMフリーの端末を発売すると結構つらいのはソフトバンクです。

ソフトバンクから発売されるiPhoneのSIMフリーモデルをドコモのMVNOで使用されるというのが一番キツイわけですね。

しかしながらソフトバンクはかなり協力に顧客を抱え込んでいます。

解約すると違約金がかかるなどiPadと同時にiPhoneを持たせてみたりと・・・

そういう意味では一番安泰なのはソフトバンクなのです。

2015年夏頃から

このあたりからキャッシュバック額がかなり減ってくるのではないでしょうか。

キャッシュバックを減らさないと途中でMVNOに流れてしまわれるからです。

とりあえず2015年3月は大丈夫だと思いますが、5月以降かなりのキャッシュバック合戦は減ると思います。

2016年はかなり減るでしょう。減った部分をどうするのか?ということですが、既存顧客を守るということに入ると思いますね。

しかしながら販売店はかなりつらいです。

端末をうってナンボなので、売れない端末を抱えていても辛いのです。

販売店のことを考えると少しくらいならキャッシュバックはありそうですね。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加