auでブラックリストに入らない為に 見直すべきこと 短期解約はNG

auの携帯電話所持しようとしていますが、MNPを繰り返しているうちにこの契約いつしたかな?

なんて思い出せないことも多くあるのではないでしょうか?

短期解約を繰り返すうちにブラックリストに入って再度契約が出来ないなんてことも・・・

結局MNPをたくさんしたために、携帯電話会社から見放されることもあるのです。

そうならない為に気をつけておきたいことに関して触れてみましょう。


ブラックの条件は?

1.他社に未納がある。

これは結構リアルな話ですが、他社に未納があるということは信用調査にかけられていますので、結構すぐにわかったりします。

そんなことで契約出来ないなんて嫌ですよね。

是非他社の未納を払ってきてください。

2.短期解約90日以内になんどか解約したことがある。

このあたりが非常に気になるところでしょう。

この基準は明確にはauも出していませんが、90日以内は短期解約として扱われる為、基本的に次に契約しようとしてもしづらいのです。

そうならない為には90日は最低でも携帯電話を所持したいものです。

これらが注意する必要なことですが、短期解約は他社でもあまり印象がよくありません。

是非このあたりを考えながら契約をしていきたいものですね。

条件が厳しくなった?

auの短期解約の条件が厳しくなっているようですね。

auのブラックリスト入りの条件が180日に変更 120日を超えて解約してもNGのよう

auは比較的ゆるかったのですが、どんどん厳しくなってきているようです。

一番厳しいのはソフトバンクと言われておりますが、次に厳しいのがauですね。

ドコモは正直なところまだまだゆるいようです。

契約出来ないと非常にもったいない思いをすることも多いので気をつけたいところですね。

auのブラック条件は他社とくらべて厳しいの?

auは主な3社にくらべるとブラックになる条件はちょうど真ん中ですね。

ソフトバンクが最も厳しいようです。

ドコモ au ソフトバンク ブラックリスト 短期解約 比較 条件が厳しいのは?

ソフトバンクは過去に持っていたことなどが色々からみ合って複雑なロジックが入っていると思います。

またiPhoneなどを所持している時の解約に関しては次回審査に影響しますね。

auはどうもそこまで厳しい審査はなさそうですが、auも儲からないお客さまは正直なところ加入させたくないところです。

今後どうなるかわかりませんが、契約を断られる人もいるかも知れませんね。

今までは120日以内がブラックですが、180日以内に変更されていると思いますので、そのあたりは気をつけたいところです。

各社ブラックの条件は徐々に厳しく

2015年8月22日追記

各社ブラックの条件はどんどん厳しくなってきているように思います。

昔はOKでも今はダメみたいなものも結構あるでしょう。

それでもauは比較的条件はゆるいと思われます。

auへMNPする人もかなり増えており、auはかなり売上げがよくなってきたということでした。

今一番厳しいのがソフトバンクと言われております。

ソフトバンクはいろんな意味で、ここ最近減収しているようです。

ブラックの条件が厳しくなったというところもそうかも知れませんが、その代わりに一人あたりの収益は非常に高いです。

ある意味そのほうが効率よく稼ぐことが可能ということでしょう。

ソフトバンクはMNPを繰り返す人にとっては敬遠されがちなキャリアですが、たまに良案件もあるので、注意してみておくべきでしょう。

それにしてもここ最近の一括購入割引というものは結構キツイですね・・・それでは顧客が寄り付かないような気もしますが・・・

それをいうならドコモも同じなのかもしれませんが・・・

初回投稿日:2014年11月13日

ツールバーへスキップ