ドコモはMVNOを検討中 格安SIMが発売されると 端末が売れなくなる心配も

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

ドコモは現在格安SIMを発売するかどうするか悩んでいるようですね。

ドコモは現在MVNO会社に回線のみを貸しており、ドコモが自社のMVNOの会社というものは持っていません。

当然ながらNTTグループとしてはあるわけですが、ドコモがその子会社という扱いとしては持っていません。

auはMVNOの子会社を設立しました。となれば、当然検討するのはドコモの上層部も含めて検討をするわけですが、今のところまだ明確なビジョンは見せていません。

早速ですが、ドコモがMVNOの専用子会社を作るとすればどのようなメリットがあるのでしょうか。

一番のメリットは?

・ドコモショップという強いサポート体制を受けることが可能。
・端末とセットで安価なSIMを使うことが可能。
・ドコモのサービスがシームレスに使うことが可能。

これらがメリットですね。

当然ながらデメリットもあると思います。

デメリットは?

・他社との差別化もあり、あまりにも低価格では発表しにくい。
・国産機種などの供給がしにくい。
・テザリングの問題など、SIMフリーとは別の問題も発生。

このあたりがデメリットとしてあがってくると思いますね。

当然ながらドコモショップでサポートが可能ということになれば、あまりにも低価格というわけにはいきません。

他社はあくまで回線のみを借りているだけであって、ドコモショップでのサポートはしない代わりに安く提供出来ているわけです。

ショップサポートとなればリアル人件費というものがかかるわけです。

人件費を払っているのは契約者ですね。となれば、あまりにも低価格で出せば今までのドコモ本体にも影響があるわけです。

そうなれば、ドコモ本体の機種などが売れなくなる可能性も非常に高いわけです。

そういうことを考えると価格帯などで決めかねている部分もあると思いますね。

逆にそういうことをするならドコモ本体の価格を全体的に見なおせば?と思うのですが、そうもいかないのでしょう。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加