auは月末に契約するとLTEフラットの解除は翌月からの適用に 当月分は日割りで発生

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

auはLTEフラットを月末に契約すると当月末での解約は出来ません。

しかしながら、月末に契約するということはその分は日割りで契約が可能なのです。

日割りでの契約が可能ということは1日あたりの料金は200円ほど。

その日は諦めて使うのがいいと思いますが、実は翌1日に解約すると実は無料で解約が可能なのです。

月末に契約して翌1日に解約すると1日分のLTEフラット分の料金しか発生しません。

これはかなりお得ですね。

月末が土日だった場合、結構auへの契約を躊躇しがちですが、翌日に解約が可能な人は月末に契約してもお得に契約出来ると思います。

特にauはLTEプランだけで契約することが可能なので、いわゆる寝かし契約しても結構安く維持することが可能です。

毎月1008円の維持費だけでauの携帯電話なら維持が可能なのです。

毎月の維持費って結構ばかになりませんよね・・・

使うのならいいのですが、MNPなどを繰り返している人にはそのへんは死活問題です。

毎月の携帯の維持費を抑える為ならauに契約するのが一番お得かもしれません。

それにしても携帯電話も使わなくても毎月基本料金を取られるのは本当に辛いですよね・・・

まぁ契約しているので仕方ありませんが・・・

とりあえずこのように契約すると本当に安くでいけるので一度検討してみてください。

日割りを計算するならMNPは月末に

2015年8月22日追記

MNPを狙うなら何度も書いておきますが、月末近くの週末です。

それが一番お得ですね。

すぐに月々サポートや毎月割が適用されます。

ただしソフトバンクの場合は日割りがききませんので、ソフトバンクを狙っている人なら日割りが聞かないので、21日に契約するといいでしょう。

一般的にソフトバンク契約は20日締めです。

よって21日がいいのです。

ただし気になるところは、ソフトバンク契約を持っている人でも既契約の締め日が末締めなどになっている場合はそちらに合わすことも可能なので、末締めを持っている人はそれが一番お得なのかもしれません。

一度それで検討してみてはどうでしょうか。

初回投稿日:2014年11月12日