2年後に通信費が安くならないとおかしい 日本のキャリア 何故2年後高くなるの?

 
iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

以前から携帯は2年縛りで使うことが当たり前と思っている人も非常に多いと思います。

2年間使い続けるのと、2年後とでは通信費の価格が異なるのっておかしくないでしょうか?

一般的に割賦契約で携帯を購入するので、2年間は携帯電話のローンが残っている状態ですね。いわゆる実質0円で携帯電話を購入したとしましょう。この場合だと2年間の毎月のローン分と使った通信費との価格の相殺が行われて、携帯本体は実質的に0円で持つことが出来るというものが実質0円です。

それなら2年後携帯電話代金を払いきったので携帯の通信費は安くならないとおかしいと思いませんか?

それが普通の考えです。しかしながらそのキャンペーンは2年で終わりなのです。2年後には元の通信費に戻ってしまうので、2年後でも同じ料金を払い続けるわけですよね・・・

となるとそれでは勿体無いとまた新しい機種を2年後に買うわけです。

それがいわゆる2年縛りです。2年毎に新しい機種が売れるという仕組みですね。

それってかなりおかしくないですか?通常本体代金の支払いが終わったら安くなると思いませんか?

それが安くならないのが日本のキャリアです。

それだけで非常に高く感じませんか?この制度本当になんとかしてほしいと思っている人も多いと思います。

元々の通信費を安くすることにより、端末代金を払っていいので、2年後は安く維持したいとおもう人もかなりいると思います。

実はそれをすると端末が売れないことと、本体実質0円などとしないと端末が売れないことが原因で今のような売り方になっているんですね。

そんな変わった売り方は他の商売にはあまりありません。携帯電話特有の売り方ですね。

しかもわからない人には説明してもわかってもらえません。

それくらい難しい売り方なのです。そんな売り方をやり始めたのはソフトバンクです。

元々こういう実質価格での販売というのはソフトバンクがやり始めたんですね。

今は時代が変わり、本来なら2年後に安価になるという売り方が主流になってくると思います。それがMVNOの考え方です。

2年後は端末代金の支払いが終わり、それこそ1000円程度で毎月維持することが可能になるわけですね。

それなら持ってもそれほど負担にはならないので、今後はやはりMVNOが主流になることは間違いありません。