番号そのままお乗りかえで 高額違約金 ドコモのやり方が凄い

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

番号そのままお乗りかえを2月20日以降に行う人は注意が必要です。

知っている人も多いですが、番号そのままお乗換えいわゆるMNPをする人は注意が必要です。

どのような注意が必要かといえば、20日以降は短期解約する人に対してかなりきつい制裁をあたえるようです。

端末の値引きをした半額相当を別途請求される予定となっているようです。

ちなみに制裁は短期解約だけではありません。

短期解約を含むプラン変更もその対象になるのです。

番号保管に関しても同様のことになるわけですね。これって結構ひどくないでしょうか?

そもそも携帯電話とは使う為に契約するのですが、使わない人が非常に多いという現実があります。

それはキャッシュバックをもらい、端末を売却することが目的で契約する人も多いわけです。

そして普段は端末を維持するだけです。となればキャリアとしては儲からないということです。

儲からないのは当然ですが、機種変更を行う人からすれば、かなりの不公平感があるわけですね。それを解消すべく2月20日からそのような施策が発動されるわけです。

本来携帯電話とは使う為に契約するにしてもいわゆる受けるだけ専用の人もいるわけですね。

そういう人達の考えは完全に無視です。にも関わらずドコモは強硬策をとるわけですね。

そうなれば、かなり世間から反感を買うことは間違いありません。

MNPが封じられて 各社短期解約時の違約金を増額予定? これって違法では?

こちらにそれをまとめているサイトがあるので、書いておきます。

ちょっとドコモさんひどすぎますよね・・・

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加